仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
多奈ゑり流半衿付け教室【1】
お待たせしました、「多奈ゑり流半衿付け教室」です。(笑)
画像の数が多いので、小分けしてアップしますね。

というわけで、まず用意するもの。
■襦袢(半襦袢or長襦袢)
■半衿
■待針(5〜6本)
■針(四ノ三など、ちょっと細めの絹針が縫いやすいかも)
■糸(しつけ糸で可、長さは半衿の長さ+10cmくらい)
 糸は一本取りで ← 玉止めを1本の糸だけにするやつです。
■糸切り鋏
あと、かけはりやくけ台などがあれば縫いやすいですよ〜。

まず、襦袢の中心を確認します。
長襦袢などは背縫いがあるので分かりやすいですが
半襦袢などは写真のように背中心を割り出し
糸印をつけておくと、2回目以降スムーズに作業できます。
(前半、写真がピンぼけ気味です、スミマセン。)



同様に半衿も中心を割り出し
裏側を見ながら、端から1.5cmくらいの所に待針を打ちます。



襦袢の衿の端から衿芯の巾の分(約4.5cm)の位置を確認します。



ここの巾が狭いと、衿芯が入りにくくなるので要注意です。
逆に広すぎると、中で衿芯が動くことになるので
衿芯の巾を確認して巾を決めてください。

襦袢と半衿を重ねて、一緒に待針を打ちます。
(今回の半衿は白だったので、すごく分かりづらくてスミマセン。)



襦袢と半衿の釣り合いをとりながら
まず、半衿の右端まで襦袢と合わせて半衿の端で待針を打ちます。
この時、襦袢の衿の端と半衿はずーっと平行になるようにします。



この時、かけはりで引っ張っておくと
襦袢と半衿の釣り合いがきれいになりますよ。

端に待針を打ったら、今度は中心と端の間に待針を打ちます。
この時も襦袢の衿の端と半衿は平行に。



さらにその間にも待針を打ちます。



これで、衿の半分に待針を打ったことになります。
次に実際に縫っていく訳ですが、今日はここまで。

次回もがんばって更新します!


ブログランキングに参加してます!
よかったら、ぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
ウェブキカタキョウシツ【補整編3】
腰の補整の話を。

まず、タオルを半分に畳みます。
タオルの厚さは腰のくぼみ具合に合わせて。



そして、さらに半分だけど、ここはきっちりと折らずに
2〜4cmくらいずらしてあげると、段にならなくてよいです。



前回のウエスト補整具に縫い付けてあげると便利。
この場合、ウエスト補整具は後ろから巻く形になります。

それからヒップのラインに合わせて
裾のラインをカーブさせてあげると身体に馴染みますよん。




よかったら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 着物・和装へリンク
ウェブキカタキョウシツ【補整編2】
今日はウエストの補整の話。

ウエストの補整はなぜ必要なのか?
それは一言で言ってしまうと
胸が帯に乗らないようにするため。

よくタオルを二つ折りにして使ったりするけど
場合によっては下腹に乗ってしまって
よけいに下腹が出てしまうため(えっ?私だけ?)
三つ折りにして、端にひもを付けたりしてます。
(今はお手軽な補整パッドを使ってますが)



あとはウエストの補整の位置も重要。



下着と補整の完成。



基本的に私はウエストの補整のみです。


よかったら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 着物・和装へリンク
ウェブキカタキョウシツ【下着編2&補整編1】
下着の話のつづき。
他人の知りたいけど、聞けない着物の中身。

で、私の場合です。

裾よけのこだわり。
素材→ベンベルグ(デシン)
形 →東スカート(走ります!階段駆け上がります!)

肌着のこだわり。
毎日のことなので、肌襦袢は着ずに略式(?)肌着。



ご覧のとおり、和装ブラは使わず
けっこう使っている人も多いという
フェリシモの「フラットブラ

Tシャツは襟ぐりの広いもの。
おばちゃんぽいけど、汗取りパッド付き。(汗シミ防止!)

写真はピーチジョンの「デオドラントレーシートップ
素材は綿100%、夏場にも使えるように、色はモカ。

さて、次は補整の話。
胸の補整はしないので、お店の後輩ちゃんに聞いた
補整具の作り方を紹介。

まず、薄手のタオルを用意。



まんべんなく補整したい場合はこの形。



さらに部分的に補整したい場合は、もう一工夫。



明日は補整編2。


よかったら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 着物・和装へリンク
ウェブキカタキョウシツ【下着編1】
自分のためのメモ「ウェブキカタキョウシツ」。

まず始めに着るものの準備。

次に足袋を履いて、次に裾よけ。
裾よけは右と左が同じ長さになるように
腰にぴったりとくっつけて前にひっぱったら、
右が下、左が上になるように交差。
交差させたら、一度ここでキュっと締めて
お尻と下っ腹を引き締めましょう〜。



その後は紐の付け根で2〜3回くるくるっと外向きにねじり
紐は2回かけて、片蝶々結びに。
結び目は左右に振って、中心にこないようにしておくと
後から痛くなったりしません。



ねじることによって褄先が上がり、
“裾つぼまり”のラインができます。



明日は補整です。


よかったら、ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 着物・和装へリンク