仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
博多座三月花形歌舞伎「鯉つかみ」観劇

今日は博多座に三月花形歌舞伎『湧昇水鯉滝』(わきのぼるみずにこいたき)通し狂言「鯉つかみ」を観にいってきました。

愛之助さんの鯉つかみは2回目、前回(2014年)は最前列で観たので、今回は最後列のC席D列で観ました。

最近の博多座での観劇はとにかく観たいものをみるようにしてます。歌舞伎だけでなくミュージカルも観るし、お芝居も観る。しかも、歌舞伎の時の選択ポイントについても、昔はとにかく何が何でも昼、夜行ってたけど、ここ数年は観たい役者さんで選ぶか、観たい演目で選んだりするし、そんな時はチケット発売に気合い入れて良い席で観るけど、とりあえず観ときたいものだったら、幕見で済ませてしまうことも多々。

今回は一度観ているということもあったし、早替りや宙乗りがあるので、全体が見えた方がぜったいおもしろいと思ったのでC席にしました。

途中2回ほど寝落ちしましたが(これは私の寝不足の問題)やっぱ最後は最高におもしろかったわ〜。お話も分かりやすいし、早替りや宙乗り、水の中での立廻りなどなど、ホントおもしろいのでぜひ観にいって欲しい〜。

そして今回「#博多座で十役を探せ」っていう企画をやってて、博多座内に展示されている愛之助さんの等身大パネルを探して、お気に入りのパネルをハッシュタグを付けてSNSにアップするという企画。

探しましたよ。www

非常に分かりづらかったのがこれ。滝窓志賀之助(実は鯉の精)物と物の間に挟まってるし。www

私は小桜姫が好きでした。(関係ないやつね。)しかも、今回の小桜姫観たことあるぞ!と思ったら、前回の2014年も中村壱太郎さんがやってました。

ま、歌舞伎の話はこんくらいにしといて、今日の着姿は久しぶりの袴コーデ。前日までは洋服の予定だったんだけど、ん?袴でいいかもと思って、朝変更しました。

紫の袴は去年買ったやつ。これに羽織を着ました。

そして足下は無印のレースアップヒールシューズにハイソックス。この姿で博多座をうろうろしてたら(十役を探せで)おしゃれなご夫人に褒めていただきました〜。嬉しい💕

もう、こうなると感覚は洋服と同じ。マキシ丈のロングスカートに薄手のコートを羽織っている感じ。

最近観劇に着物を着ていくのがちょっと嫌だなと思ってたところだったけど(通常の着物だとかなり窮屈さを感じる)、袴はその窮屈さをすべてクリアにしてくれました!(少々足が開いても大丈夫だし、背中はぺったんこだし←カルタ結びしてる。)あと、むくみ防止のハイソックスでらっくらくー。観劇に袴、オススメです。

 

おまけ・前回のブログでも壱太郎くんのこと書いてました。(笑)前回のブログはこちら⇒六月博多座大歌舞伎(夜の部)に行ってきた!


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ 
多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。 
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。 
contact-b.jpg

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tanaeri.net/trackback/1091831
TRACKBACK
<< 着物に眼鏡 | main | レッスン予約状況 >>