仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019台北旅行記【2日目】

2日目は朝市でごはん。雙連朝市に行ってきました。

ここでは温かい豆花とその他気になるお総菜を購入。

そこから散策しながら歩いて、本日のメインイベント「迪化街(ディーホアジェ)」へ。ドライフルーツのお店や雑貨店などがぎっしりと並んでて、目的のものを探しながら歩いているとあっというまに端まできちゃいます。(ドライフルーツのお店は写真撮ってなかったー。ショック)

ちなみに端には「永楽市場」という布を扱っている市場もあります。私はこのエリアでチロリアンテープを買おうと思ってたんだけど、思った以上に数が少なく結局買わずじまい。しかし、それ以外の出会いもありました。

まずは靴。シンプルなデザインで柔らかく履きやすい。しかも、安かったー。

旅先で洋服なんて買うことないんだけど、青木由香さんのお店・你好我好(ニーハオウォーハオ)でヂェン先生の洋服を見ることができて、ワイドパンツを試着してみたらすごく良かったので買っちゃったー。あとここではオススメの花生酥(ピーナッツ菓子)もゲット!

お昼ご飯は永楽市場の建物の横にある素食のお店へ。ちなみに素食とは台湾の菜食主義料理だそう。

好きなものをお皿に入れて重さを量ってもらいます。ごはんみそ汁ついて300円くらい。この値段でこんな料理食べられたら家でごはんなんて作んないわ〜。

たくさん買い物をしたので、いったんホテルに戻って荷物をおいて龍山寺近くの胡椒餅の有名店へ。すぐに買えない時は予約しといて出来上がり時間までの間に龍山寺にお参りして帰りに受けとるのがいいらしく、4時についたらできあがりまで25分かかるとのことだったのでその間にお参りしてきました。

駅近くの細い路地を入ったところに福州元祖胡椒餅があります。

もちもちの焼きパンの中にゴロゴロとしたお肉とネギが入っている感じ。

そこから移動して忠孝新生駅近くの華山1914文創產業園區へ。華山1914は日本統治時代に作られた国営のお酒工場の跡地をリノベーションした複合商業施設でお店はもちろん、劇場や映画館などが入ってます。インスタ映えするスポットらしいのですが(実際に結婚式の写真を撮ってるカップルもいた。)すでに薄暗く、しかも行きたかったお店は終了しててちょっと残念。

そこから歩いて今回の旅行で初めてのちゃんとしたお店での食事、ほとんどの人が紹介している小籠包の名店「濟南鮮湯包(ジナンシエンタンパオ)」へ。

ここでは定番の小籠包とヘチマの小籠包、そしてマストメニューの青菜系(今回は豆苗と海老の炒め物)をいただきました。

ここでは少し少なめにしておいて、2食目は近くの鶏肉飯の名店「梁記嘉義鶏肉飯 (チァイージーローハン)」へ。

この後、スーパーを2軒はしごして帰りました。

2日目の運動量は35,000歩、21kmでした。

3日目へ続く...


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ 
多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。 
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。 
contact-b.jpg

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tanaeri.net/trackback/1091825
TRACKBACK
<< 2019台北旅行記【1日目】 | main | 2019台北旅行記【3日目】 >>