仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ゆかたに衿芯入れる派?入れない派?

昔はゆかたが嫌いだった...何でかというと衿元が安定しなくて崩れやすかったから。なので、ゆかたなのに襦袢を着て着ることがほとんどだった。ちなみに以前はゆかたには衿芯無し派。2013年の着姿、衿芯入っていません。

IMG_2802.jpg

しかし、近年ゆかたをゆかたとしてよく着るようになった理由のひとつが衿芯。(ちなみに襦袢無しでよく着るようになったのは2016年の夏から)

で、その衿芯はどんなものを使うか?という話だけど、私はメッシュの衿芯を使ってます。これ ↓

メッシュの衿芯は衿芯の中で一番柔らかいと思っているので、一番ナチュラルに衿の形が仕上がると思う。ちなみに襦袢の時に使ってるプラの透明衿芯(極薄衿芯)では、ちょっと硬さを感じる衿に仕上がるような気がする。(あくまでも個人的な感想です。)

衿芯を短くカットして衣紋の部分のみに入れるという方もいらっしゃいますが、私がそれやると首の横の部分の衿がちょっと浮いちゃうので、もっぱらメッシュの衿芯愛用中。

2016年と言えば、自分でゆかたをちくちくし始めた年でもある。ってことは、衿肩明きや抱幅のサイズも大きく影響しているってこともあるけどね。

というわけで、今日はこのゆかたの2コーデ目。

まだまだ暑い日が続くので、まだまだゆかた着ちゃうよ〜。


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ 
多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。 
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。 
contact-b.jpg

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tanaeri.net/trackback/1091738
TRACKBACK
<< 今季のゆかた2巡目の愉しみ | main | 色気をプラス。 >>