仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
華奢ネタからの衿のカーブと仕立ての話

前述の華奢に見せる件のつづきなのですが、先日来た着物について少しだけ補足を...ちなみに先日の着姿はこちら。

その前の着姿

ほぼ同じアングル、同じ帯結び、着ている襦袢は異なると思うので、多少そのせいもあるけど、着物の衿の横幅が違うの分かりますか?

左の水色の着物はリサイクルで買ったものをマイサイズに仕立て直したもの。右は自分で仕立てたもの。水色の着物を仕立て直しの依頼をした時、「衿肩明きが裁ち切り2寸8分になってます。」と和裁士さんからご連絡いただきました。ちなみに右の着物は昨年仕立てたもので、おそらく衿肩明きを2寸5分にしているので、ちょっとしたことだけど、衿の形やその周りの布の動きも変わってきます。(ちなみに私は通常の着物は裁ち切り2寸5分、ゆかたは2寸2分で作ってます。)

着付けでもかなりいろいろやれますが、衿周りの印象は繰り越しや衿肩明きの寸法でも印象が変わってきます。


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tanaeri.net/trackback/1091727
TRACKBACK
<< 「博多織777周年」関連イベントやグッズの話 | main | ドゥーブルメゾンのゆかたに新たにコーデする帯とは? >>