仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【考察】夏の補整について

いきなり「真夏か?」っていうような気温が続いたここ数日。着物や襦袢はもちろんのこと、補整の素材も結構重要。

着物を着始めた頃はタオルで補整してたけど、それで一日過ごしたらあせもができたので、タオルの素材を替えたり(絹のボディタオルを使ったり)してしのいでいたけど、着物の仕事を始めてからはずっときの和装さんの補整パッドを使ってます。

そして、以前から試してみたいと思ってた同じくきの和装さんの接触冷感生地タイプの補整パッド。ちょうどレッスンの時にこの話が出たので、買ってみることにしました。



今までのタイプとは違い、サイズや暑さは一種類だけで、補整を足したい場合は別売りのビューティーパッドを買って必要な部分に差し込むという、カスタマイズできるように仕様が変更になってます。

幅の違い


長さの違い(白い方は今までのモデルのLサイズ)


厚みの違い(白い方が今までのモデルの厚)



実際に着用して横から写真を撮ってみると。


補整の幅が広くなってる分、胸の下の段差が気にならなくなりました。
既存の補整の横からの写真を撮ってないので正面からの比較しかできませんが、こんな感じ。


兵児帯か名古屋帯かの違いもあるけど、胸の下の凹みと胸のボリューム感が違ってみえます。

補整の位置はもちろん、補整の分量もしくはするかしないかは個人の好みになりますが、私は「スッキリとキレイに見せたい」と常々思ってますので、ウエストと腰には補整を入れるようにしてます。(後はシワ取りなどの時間短縮というのもありますが…)

今日は涼しかったので、実際に快適かどうかはまた判断できませんが、さらっとしてて着け心地は良かったです。
参考にされてください。

きの和装さんの通販サイトはこちら。

きものビューティー補正(腰パット付)クール

 


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tanaeri.net/trackback/1091705
TRACKBACK
<< 博多織777周年記念事業 博多織レセプションパーティーのご案内 | main | リネンのボタニカルきもの >>