仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
小物の色使いと傾向

久しぶりに「こんな組み合わせあんまりやんないよね。」って思うような帯揚と帯締の組み合わせをしたのでネタにします。

皆さん、帯揚と帯締の色のセレクトって何を基準にしてますか?

私の場合、超初心者の頃は基本同じ色もしくは同系色の濃淡でした。

その後、それぞれ違う色を使うようになり、帯揚を着物や帯と同系色にして、帯締にアクセントカラーを入れる時期が続き、そして今もこの傾向が多いし、さらに完全に帯揚帯締ともに着物や帯と同系色(の濃淡も含む)にすることも最近では多いです。

なので、帯揚と帯締をぜんぜん違う色にすることはホント稀。そんな稀なコーデが一昨日でした。

こちら ↓

帯揚はローズ色、帯締は若草色、どちらも着物や帯に使われているいるなので、なんとなく違和感がないけど、かなり帯揚や帯締が主張しているのが自分でもビックリするわ〜。

しかし、違う色を選ぶと華やかさは出るよね。

 

まだまだ研究の予知はありそうです。


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tanaeri.net/trackback/1091636
TRACKBACK
<< ホムシュニュータイプ&新しいコート | main | 紬の数の少なさよ >>