仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
和装ブラと補整量の関係

今日は福岡で初めての和装ブラセミナーの開催でした。それに連動してというわけではないけど、ちょっと比較写真を撮ったのでそれをまず...

 

今日はキモノモダンのレース着物を着たんだけど、レース地は意外と地厚なので、最初は補整なしで着てみました。

 

↓補整無し

IMG_8062.jpg

 

これだとちょっと胸の下あたりのへこみが気になったので、薄めのヘチマ補整を入れてみたら。こんな感じ。

 

↓ヘチマ補整

IMG_8063.jpg

 

これで、帯を締めてこんな感じ。

 

IMG_8068.jpg

 

胸のトップと帯の高さが同じくらいになりました。

 

今回は着物が地厚の場合の補整の量の調整でしたが、和装ブラでどれくらいトップが凹むかでも補整量は変わってくるかなーって思います。

 

というわけで、今日はこのコーデ。Mサイズの半襦袢を広バチ衿にリメイクしたもの。Lサイズの半襦袢を着るよりこっちの方がしっくりくるし、広バチ衿にした分、半衿もかなりたっぷり見せることができる。

 

IMG_8064.jpg

 

ま、半衿の出し方はお好みなので、ご参考まで。

 

今日の着物と帯のコーデ、普段はこんな組み合わせしないけど、半衿の中に松葉色が少しだけ入っていたので、この色をセレクト。着物と帯の組み合わせに悩んだ時は、半衿を介してコーデするのもオススメです!

 

IMG_8066.jpg

 



応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

COMMENT









Trackback URL
http://blog.tanaeri.net/trackback/1091360
TRACKBACK
<< 中原淳一の手ぬぐい | main | 9月はワークショップ月間!!! >>