仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015フランス・パリの旅【番外編1】
最後に番外編的なまとめ的な。あったこと思ったこと素直に書きます。(笑)一部、今まで書いたブログと重複するところ、異なるところがあるかもしれませんが、ま、素直な気持ちということでお許しください。

福岡空港国際線ターミナルには今回初めて行ったんだけど、国内線とは違いターミナルが国際線ぽかった。(笑)そして、まずどこに並んでいいのかが分からなかったという。(しょっぱなからけっこうテンパってた。)



行きの飛行機のチェックインでは係員の人が気を効かせてくれて(新婚旅行と思ったとみた!)3人席の窓側を空席にしてくれたし。おかげで行きは快適でした。



そして、7〜8割近くが外国人(欧米系)。客室乗務員も3名ほど日本人だったけど、担当してくれたのは外国人。今回の旅で初めの外国人との会話での接触という。

そうそう、食事の前におしぼり(ウェットテッシュ)をピンセットでつまんで出された。温かくて厚手のウェットテッシュは気持ちよかったー。

最初のご飯は和食か洋食か選べず(すでに洋食がなくなってた。)和食のそぼろごはんをいただきました。



そして、ナプキンやカップなどすべてもものがかわいく見える。(笑)(右手前の箱にはチーズとバターが入ってました。バターはお持ち帰りしたー。)

機内での飲み物にも国内線との違いが。外国人はコーラをよく飲むということが判明。あと、ビールやワインも選べたので、アルコール飲んでる人も多かったなぁ。(私は日本茶)

しばらくしておやつタイム。グリコのアイスクリームでした。



そして2回目の食事はカレー。



ヨーロッパまではぐーんと北を通って行くんですね〜。



そして、オランダ・スキポール空港上空。風景がオランダっぽかった。←ハウステンボスってこと。(笑)水路だらけでさすが運河のお国です。



スキポール空港は楽しいよ!という事前情報を得ていたので、楽しむ気満々だったけど、またしても乗り換えでテンパる。(笑)だって〜簡単って言ってたのに〜乗り換えまでけっこう遠かったよ〜。けど、ゲート番号が分かっていたら案内板通りに進むとちゃんと着きます。



で、途中の手荷物検査で機内でもらった水を捨て(これは事前情報通り)、入国審査では長蛇の列。(途中で窓口が増えたが。)

いろいろお土産屋さんがあったけど、それが高いのかどうなのか、まだユーロの感覚が分からなかったので、何も買えずじまい。ダンナちゃんはコーヒー飲んでチョコ食べてた。



私は売店をうろうろ。ミッフィーグッズ、ここで買っとけば良かったと後から後悔。


(時計が午後4時過ぎを指してます。)

噂通り、スキポール空港は飲食やお土産含め充実してましたー。

それからエールフランスでパリへ。周りはほぼ欧米人。きっと、日本で国内線に乗る感覚なんだと思う。出張帰りっぽい人が多かったな。軽食はパンにチーズが挟んでいるものでした。



そしてシャルル・ド・ゴール空港到着!



そんなに時間は遅くないはずなのに(午後7時くらい)人がいない...。しかも、暗い。(←日が落ちて暗いというわけではなく、照明が少なくて暗い。)そしてロワシーバス乗り場も閑散、バスも閑散。バスが来るのもしばらく時間があったので、本当にバスが来るのかどうか不安だったー。

ちなみに空港から市街地まではロワシーの他にエールフランスのバスや電車(RER)という選択肢もあるけど、RERは治安の面で不安ということもあったし、エールフランスのバスの到着地はホテルから遠いということもあり、ロワシーバスを選択しました。そしてオペラ・ガルニエまでは約60分。あまりにもスピードを出すのでびっくりした。(周りの車もバイクもすごいスピード)

そして、オペラからホテルまでは徒歩で10分弱。


(なんか、背中が疲れてる。)

よく、日本についたら醤油のにおいがする(福岡はとんこつだが)って言われるけど、フランスは香水(香料)のにおいがしました。石けんの香りなのか香水の香りなのか。

ホテルのバスタオルもがっつりにおいつき。

番外編、何番まで続くか分かんないけど、感じたこと、オフショット的な写真などアップしていきたいと思います。つづく...。

あ、そうそう、今回のフランスに行くって話をしたら、ほぼ100%の確率で「着物着ると?」って聞かれました。(笑)ちなみに今回の旅では着物を着ることは全く考えてませんでした。まず一つは荷物が増えるということ。そして、格好をできるだけ気にしたく(気にされたく)なかったからということ。(←なるべく現地の環境に馴染みたかった。)そして、長距離を歩くことが予想されてたので、どのような環境でもリラックスできること。(例えばどこにでも座れるなど)そして、日本人をアピールしたくなかったということがあって、今回の旅では着物は考えていませんでした。だって、初めての長期海外旅行だしねー。もうちょっと心に余裕がある時に着物を着たいと思います。

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

インスタもやってるよ!Instagram

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。

contact-b.jpg
COMMENT









Trackback URL
http://blog.tanaeri.net/trackback/1091134
TRACKBACK
<< ピンクのウールのクリスマス帯コーデ | main | 淡い色×淡い色という組み合わせ >>