仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ウェブキカタキョウシツ【帯揚編1】
続きまして帯揚編です。
通常帯揚はきちんと結ぶ方法が正式なやり方ですが
結んでしまうとどうしても一番きれいになって欲しいところが
くしゃっとなってしまうので、
今回は交差させて入れ込む方法をご案内します。

まず、帯揚を半分に折って、さらに1/3に下側から折ります。
その後上側を1/3折ってください。





最初から帯枕に帯揚を掛けている場合は
先に下1/3折って、次に上1/3を追った後
それを1/2に折って下さいね。

帯枕への帯揚の掛け方で最初の折り方が異なってきますが
最終的に帯揚巾の1/6巾になっていれば大丈夫です。



折った後はワの中に指を入れて、シワをとっておきましょう。
この時、上側がワになるように、そしてこのワの部分が
見えるところになりますので、しっかりと丁寧にシワを取ってください。



片方が準備できたら、クリップで留めておいて
反対側も同じように整えてください。

準備できたら左右の手に持ちます。
この時、ワが上になるように。



身体の前で(自分から見て)左が上になるように交差させます。
この時、ワが手前側になるように。



ひと結びして、横に引いてしっかりと締めます。



その後、右手側を上、左手側を下にして結び目を立てます。



右手側をそのまま左の脇に預け、
ゆるまないように脇に挟んでおきます。



下側を内側にくるくると畳みます。
この時、小さく畳むとゴロゴロするので
5〜7cmくらいの巾で畳みます。



畳んだら、それを右斜め下の帯板の内側にしっかりと入れ込みます。



入れ込む時、右側の胸の下の帯揚を巻き込まないように
帯揚の外側に入れるようにします。


写真いっぱいなので、今日はここまで。
明日続きをアップします。


ブログランキングに参加してます!
よかったら、2つともぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ
COMMENT









Trackback URL
http://blog.tanaeri.net/trackback/1070556
TRACKBACK
<< 「車を買う」の巻 | main | ウェブキカタキョウシツ【帯揚編2】 >>