仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
多奈ゑり流半衿付け教室【2】
前回の続きです。
待針を打ち終わったら、縫っていきます。

襦袢の衿の端から4.5cm(衿芯の巾分)のところを
1cmくらいすくって縫います。



次にすくう場所は、針の長さくらい離れたところ
(3〜4cmくらい)で大丈夫です。
あんまり細かく縫う必要はないと思います。
そして、そこをまた1cmくらいすくって縫います。



待針を打っている背中心まで、この繰り返しで縫っていきます。
衿肩明きは細かく縫うと言われていますが、
ここは実際に着た時にカーブになる部分ですので、
多少細かく(2cmくらい?)の間隔で縫うと
カパカパと浮かなくてよいです。

残りの半分も同じ要領で待針を打ち縫っていきます。



端まで縫ったら、玉留めをして
縫い目に沿って半衿の中心部分(首周りの部分)を
上の方へたおします。



たおした衿を手前に持ってきて
襦袢の外側が見えるようにします。



襦袢の衿の高さ+3mmくらいになるように調整して
半衿を折り込みます。



さらに折って待針で留めます。
襦袢の衿の巾より3mm広くしているので
内側より巾が広くなります。



今日は画像が多くなってしまいました、スミマセン。
続きはまた明日。


ブログランキングに参加してます!
よかったら、ぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
COMMENT









Trackback URL
http://blog.tanaeri.net/trackback/1024337
TRACKBACK
<< 多奈ゑり流半衿付け教室【1】 | main | 多奈ゑり流半衿付け教室【3】 >>