仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ウェブキカタキョウシツ【襦袢編5】
襦袢編の続き。

コーリンベルトを止めた後は背中のシワを脇によせます。
脇までよったシワは、脇の縫い線でタックをとるときれいになります。

次に襟元を安定させるために伊達締。
襦袢がぴったりサイズだったら
コーリンベルトだけでも安定しますので
その時は伊達締不要です。
(私もほとんど使ってないんですが...)
念のため、記載しておきます。

胸元から撫で下ろすようにウエストラインまでおろし
背中で右と左を交差させます。



背中側。
下になった片方をぐっと下げます。



下になった方を折り上げます。
折り上げた時に一度キュッと締めておきます。



紐を前に持ってきて、2回絡げます。



反対側に2回絡げて、結び目を平に。



こんな感じです。紐の端は伊達締の間に挟んでおきます。
結び目は身体の中心から少しずらしてあげると
後から「結び目が痛い〜」っていうことがなくなりますよん。



伊達締を締めたら、もう一度衿合わせと
背中や脇の空気を抜いて完成です。

空気を抜くとは、脇や背中の部分のタポタポとした布を
伊達締め下側からひっぱって、すっきりとさせるということ。

襦袢の着かたで、着物の着かたが9割決まると言っても
過言ではないので、特に念入りに丁寧に襦袢を着ましょう〜。

次はちょっとひと休みして、半衿付け教室でーす!!!


ブログランキングに参加してます!
よかったら、ぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
COMMENT









<< 早起きは三文の得(徳)?かどうか...。 | main | もう一つの帯留 >>