仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【考察・和装ブラ】フェリシモの新しいフラットブラが届いた!

4月にやったインスタライブの時に教えてもらったフェリシモの新しいフラットブラが届きました!

正式名称は「ボリュームおさえて フラットなブラ〈スーパー〉

何が〈スーパー〉かって?一つずつ見ていきましょう。まず最大のポイントは脇高!

分かりやすく横からの写真、下に新しいフラットブラ(ピンク)、上に今までのフラットブラ(水色)を重ねています。

確かに脇高!

正面や後ろはほぼ変わらず。(左の水色が今までのもの、右のピンクが新しいもの)

そして脇の部分、切り替えが合って今までのものは前側も後ろ側もパワーネットとレースが二重になってたんだけど、新しいものは切り替えがあり後ろ側はパワーネットのみとなってます。

前の部分の説明は公式ページにもありますが、伸びない生地が挟んであるので胸があたる部分はほどんど伸びません。切り替えのデザインも違いますね〜。

詳細はIGTVにアーカイブしてまーす。

そしてまだブログには書いていませんでしたが、ちくちくしてたゆかた2枚ともでき上がりました!

このゆかた、なんとマミせんせとおそろということが判明!似たようなゆかたを着てらっしゃったのは認識してたけど、確認したら年代も同じっぽいので、もしかしたら同じものかもしれません。ふふふ。なんか嬉しいわ。

もう一枚もでき上がってますので、近々アップします。


教室のホームページ、お問い合わせはこちら
 


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)

【考察・和装ブラ】華姿補正キャミソール(補整もできます。)

外出自粛も生活も2ヵ月目に突入。4月の怒濤のインスタライブから一転、GW明けは何もする気が起こらず、にゃんずとともに日々ゆかたを縫ってます。

インスタライブも皆さんやってるので、どれを生で見ようかと皆さん悩むところでしょうが、TSUBAKIANのマミせんせとろっこやのろっこちゃんの第一回目のライブが補整ネタでしたので、がっつり視聴しました。

その中でろっこちゃん愛用の「華姿補正キャミソール」さっそく購入して着用してみた!この補整具のよいところは、前だけとか後ろ(腰)だけとか、部分ごとに調整できること。

今使っているぐるっと巻くタイプは装着は簡単なんだけど、私にとって必要ないところにも補整されちゃうってところが悩みだったのですよ、実は。(笑)

それはどこかというと脇の部分。昔はそんなに気にならなかったんだけど、胴回りの肉付きがよくなってきて、最近ではなんとなく「横はいらないんじゃない?」って密かに思ってたところ。

なんでそう思うようになったかというと、写真に映る姿を見て「胴回り太いなー」って思ったから。www

しかし自装の時って「前だけ」とか「後ろだけ」の補整って装着するのが面倒なんですよ。(ぐるっと巻くのが一番簡単)

そんな時にこの「華姿補正キャミソール」は便利ってことを知りました。それがこちら。

形はよく着付け教室とかで最初に作らされる(笑)ベスト型。けど自分で作るよりはるかに美しい。そしてこのキャミソールがすばらしいところは、和装ブラ機能も兼ねているということ。(胸の太いベルト部分はマジックテープになってます。)

ベストの部分の生地が二重になってるので、その間に手ぬぐいなどを挟めるという仕組み。

(後ろはちょっと長かったので、自分で短く調整しました。)

前のウエスト部分や後ろの腰の部分はもちろんだけど、鎖骨部分にも入れることができます。(ちなみに鎖骨部分のパッドはこの補整具に付属してます。)

ろっこちゃんも言ってたけど、この補整具のオススメポイントはレースや下着の締めつけが苦手な方(特にレースでかゆみが出る方!)や和装ブラで補整しても、脇にお肉が逃げる方におすすめ。あと締め具合は自分で調整できるのもよいところ。

私としては必要なところに必要なだけ補整できるってところかなぁ。あ、もちろん脇肉ホールド感もよいです!

私はゆかた着用の時に使いたいなと思いました。(実際にゆかたの時に使ってバランスがよかったのと、着る枚数を減らすことができるから)

あと、インスタライブの時に教えてもらったフェリシモのフラットブラのニュータイプが届いたらこちらも試してみます!


教室のホームページ、お問い合わせはこちら
 


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)

補整いろいろ

外出自粛制限期間中(現在も継続中ですが)インスタライブの度に補整をちょこちょこ変更して検証しておりました。

鏡に映る姿ではなかなか分かりにくいけど、写真に撮ると客観的に見えておもしろい。

さて、自分の好きな着姿はどれかな?

こちらでも比較

私が主に見ているのは胸のボリュームと帯の関係。ちょっとしたことなんだけど、見え方違うな。

たぶん外出自粛制限中の方がたくさん着物(ゆかた)着てる気がする。

5月いっぱいまで延長されましたね...レッスン再開については追ってご連絡します。


教室のホームページ、お問い合わせはこちら
 


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)

補整大好き!www

ま、タイトルにもありますように補整のことを考えるのが大好きです。(笑)補整しなくてもきれいな着姿になれるんだったらそれが一番だと思ってます。(本当は補整はしたくない)しかし、私の身体の構造上、補整をした方が自分の好みの着姿になると思ってます。

あと、補整をするにあたってなるべく快適でありたいと思ってるので、その素材や着用感などにもそれなりにこだわってるつもり。

和装ブラネタや補整ネタも増えてきたことですし、ひとつカテゴリーを作成しようかと。(笑)(カテゴリー⇒コウサツ・ホセイ・ブラ

そんなわけで、以前より気になってたアイテムを最近入手しましたのでそのお話です。

今回購入したのはきもの工房さんの「たかはしきもの工房オリジナルインナーメッシュT字型(ウエスト・腰用)」。発売された時から着にはなったてたけど、購入のタイミングがなかったんだけど、やっと先日購入しました。

これの何がいいかというと、メッシュタイプなのにしっかりと立体感があり、しかも身体に沿いやすい柔らかさということ。メッシュタイプは他にもあるけど、けっこうへたりやすかったり、着用したらメッシュがつぶれてあんまり補整の効果が得られないってことも多々。

そして私はこれを単体で使うのではなく、メッシュの伊達締めとの合わせ技にしてみました。(購入時のブログはこちら⇒【考察】年齢の変化による補整具の変化

ちなみにこのメッシュの伊達締めも同じように立体感があり、身体に沿いやすいタイプです。

そして、このメッシュの伊達締めにオリジナルインナーメッシュT字型を装着!

ざくざくと縫い付けてます。

今はオールシーズンきの和装さんの補整パッドを使ってるんだけど、これからの季節はだんぜんこっちが快適だと確信してます。気になる方は試してみてください!

ちなみに天然素材のヘチマも持ってるけど、あれ固いし意外と薄いんですよね。www

そんな補整の話、今度の「和装事変」でトークやります。

 ↓

https://tanaeri.net/20200403-2/


教室のホームページ、お問い合わせはこちら
 


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)

【考察・補整】胴回りの補整入れたり入れなかったり減らしたり(2019-2020冬)

いくつになっても悩みの補整。まずは補整入れるか入れないかってところから話は始まるのだけど、ここでは私の見解を書きたいと思います。

まず、入れるか入れないかはこれはもう人それぞれ体型が違うので断言はしません。あと、他装or自装、フォーマルorカジュアルによって補整の状況は変わりますので、今回の話は主に自装でカジュアルの場合と思ってください。

それから自装の場合は自分で補整をしなくてはいけないということもあるので、基本自分でできる範囲の補整であることと、必要最小限の補整だと思ってます。

 

そしてここが一番大切。どのように着姿を見せたいか。またどのように着物を着たいか。すっきり(痩せて・若々しく)見せたい場合はぜひとも補整をオススメしますが(()内は私の願望)前述を希望しなかったり、ゆったりとゆるく着たいと思っているのであれば、補整はしなくてもよいと思います。もうこればかりは好みです。

 

補整をする場所として胸(和装ブラ含む)、胴、胴(前のみ)、腰と4つの部分に分かれます。

まずどこから見ていくかというと、胸のトップとアンダーの差がどれくらいあるかということ。これはブラのカップサイズになります。カップがA〜Bの方はたぶん和装ブラは必要とせず、ワイヤー無しのソフトカップブラ(ブラトップみたいなもの)でそのままいけるケースが多いです。

カップがC以上の方は基本フラットブラ必須。できれば安価な和装ブラより高機能の和装ブラもしくは抑えるタイプのブラをおすすめします。

 

そしてカップがA〜Bの方はほぼ胴周りの補整は必要なしでいけます。なぜなら補整をすることによって胴回りの方は太くなる可能性があるから。

C以上の方はブラである程度胸を上に持ち上げて薄くした後、下腹の出かた(←現実問題www)をみて胴回りの補整の幅(タオルが2つ折りなのか三つ折りなのか)と厚み(タオルの量)を決めていきます。

 

胴回り全体か胴の前のみ(胸の下のみ)かは、正面から見た時のウエストのくびれかたによります。くびれがある方は横にも補整があった方がよいと思います。

 

そして次は腰の部分。腰が反ってる場合はタオルの向き(縦に使うか、横に使うか)と量(タオルの厚み)を決めます。

 

なのでMAX補整をするのであれば和装ブラ+胴周り+腰となりますし、MIN補整はなしも補整をしなくてもよいということになります。

 

ここでやっと本題。私の場合は和装ブラ(フラットブラ)必須。あと、腰も薄いものを入れたほうがよい感じ。問題はウエストを周りをどうするか。ここ数年肉付きがよくなってきているので、確実に胴回りの補整の量は減ってきてました。なので、今シーズン(2019秋)から、今まで入れていた胴回りの補整パッド(幅が15cmくらいで薄手のもの)をやめて、幅が10cmくらいの厚みのある伊達締めに変更してみました。これを繰り返すこと数回...。

実は前回の着姿の胸の部分から帯のすぐ上の部分がすごく気になってまして...。

胸の丸みが強調され、帯上の着物の部分にできたしわが気になる。(特にお太鼓にした時、枕の紐などもあるので余計にしわがでる。)

そんなわけでふたたび胴回りに薄い補整を入れてみた。

同じ下着、襦袢、着物、帯で検証してますが、照明の当たりかたも違うのでちょっと分かりにくいかもしれないけど、胸の丸みが消えた!

あと胴回りに補整することによって下腹との差がなくなるため、帯が下に下がりやすくなる。そうなると余計に胸がスッキリ見えるというダブルの効果。

ま、あくまでも中年太め女性の場合の補整例なので、細身の方や若い方にはあてはまりません。ご承知おきください。www

私の好みとしては丸みをあまり出さない方が好きみたいです。しばらくこれで落ち着きそう。


教室のホームページ、お問い合わせはこちら
 


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)