仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015フランス・パリの旅【番外編3】
まだまだ自分メモ 〆(._.)メモメモ。

今回は美術館に行くことがメインだったので、事前に(日本で)ミュージアムパスを購入しました。(パリ・ミュージアム・パス ジャポン

http://www.parismuseumpass-japon.com/

美術館や観光名所にたくさん行く時は絶対お得だと思う。パスの種類は2、4、6日の3種類。(日程的に3日用っていうのが欲しかったー。)もちろんフランスでも買えるけど、日本で準備できるものは日本で準備した方が現地での時間が有効的に使えると思ったから。

あと、チケットを購入するためにも並ぶという話を聞いていたのでパスはあったほうが便利だと思う。ちなみにルーヴルは入館後にチケットを購入だったので、あんまり関係なかった...(笑)ルーヴルの混雑予想のためにパス買ったんだけど...。


(開館前のルーヴル美術館)

ちなみにピカソ美術館だけ、チケット売場に並んでパスを見せてピカソ美術館オリジナルのチケットをもらわないといけなかったけど、それ以外の美術館はパスそのものを見せて入場できました。

ルーブルの前で写真を撮っていたら、通勤中の50代くらいの女性が歩きながらフランス語で話しかけてきた。言葉はほとんど分からなかったけど「日本人?私は日本の血が流れているのよ、三代前が日本人なの。」みたいなことを言っていた気がする。そう言いながら彼女は足早に過ぎ去って行った。

あと、別のシーンでもメトロの駅でパンを買うダンナちゃんを一人で待ってたら、一人で困ってると思ったみたいで、黒人の若いお姉さんが「日本人?大丈夫?」と心配して声掛けてくれた。(ダンナちゃんがいると分かったら「あぁ、大丈夫ね。(と言ったと思う。)」去っていきました。

フランス人って優しいんだなって思った瞬間。何より、日本人って認識してもらっているということにびっくりした。だって、日本で欧米人見てもアメリカ人かフランス人かオランダ人かドイツ人かよく分かんないから、きっとフランス人は日本人か韓国人か中国人か分かんないと思ってたから。

ちなみにフランスに来ているアジアの観光客はやはり中国人が多かったわ。←団体旅行ね。次に日本人、そして日本人かなーと思ったら韓国人だったという。変わり種で中国系のバブリーな3人組のご夫人もいたが。←こちらは個人旅行。

フランスの風景は何でもない日常のどこを切り取っても絵になるー。そんな風景をいくつか。







そして、食べ物の話も。今回の滞在中、お世話になったのはサン・ラザール駅内のカルフールというスーパー。対面式か自分で選んでお会計という手段じゃないと食べたいものを食べられないという言葉の壁。滞在中、温かい食べ物を食べたのはルーブル美術館内のレストランで食べたランチだけという。だって、メニューが読めないからコミュケーションが取れないんだもん。

なのに、チャレンジャーのダンナちゃんはこのお店に入った。バスティーユの「Les Grandes Marches」けど、飲み物のオーダーしかできなかった...ちーん。



なので晩ご飯や朝ご飯はほどんどカルフールや街中のパン屋。あと、ギャラリーラファイエットのお総菜売り場。ちなみにサン・ラザール駅構内にはカルフールの他、モノプリの駅内店舗モノップも入ってます。

食事の話が出たので物価の話も少し。出発時のレートは1ユーロ=133円くらいでした。駅の自販機で売っている水やコーラ、日本だったら150円で買えるけど、フランスは1.8ユーロ、ってことは239円。オランダに着いた時からなんとなく高いのが気になってたけど、(まぁ、空港内のショップだからなぁなんて思ってたけどそうじゃなかった。)日本円に換算したらすべてに置いて高い...。(なので、しょっぱなから買い控えがつづくとう。)

ちなみに一番高かったのはルーブル内でのランチ。14ユーロのランチセットに+ペットボトルのドリンクを進められ3.8ユーロ=合計17.8ユーロ、日本円で2,367円!!!ランチに2,000円超えはありえーん。ルーブル出た時に気がついたんだけど、そう言えばルーブルの地下(美術館の外)にショッピングモールがあった...。次、行く時はルーブル美術館内では食べないよ。

あと、食べ物以外の話も。今回ハンズ的なお店「BHV(ベー・アッシュ・ヴェー)」やプチプラの雑貨店「HEMA(エマ)」、そして量販店の「MONOPRIX(モノプリ)」に行ったけど、ここら辺は日本と価格ははあんまり変わらなかった気がする。しかし、どうしても1ユーロ=100円みたいな感覚での価格の付けかたなので、1ユーロ=133円と思うとやはり割高感は否めない...。

今回泊まったホテル周辺は日本発のお店も多く、お金の使い方や物価のことを考えなければ現地調達でも十分旅できると思いました。(オペラにはユニクロあり、サン・ラザール駅内には無印の駅版など)

ちなみにユニクロは現地のタグ、無印は日本のタグの価格部分のみにユーロの価格のシールが貼られてた。現地オリジナル商品もあるらしいけど、日本と同じってこと。ピカソ美術館の近く(マレ地区)には無印の大型店やユニクロもあり、何か持ち物や服装で困った時は駆け込めます。(笑)

帰りのエーフランスの機内食はあまりの疲れのためほどんど記憶なし。(笑)けど、最初の飲み物サービスでシャンパンが選べたので、さすがフランスだと思った。(スパークリングではなく、ちゃんとシャンパン。)





(1回目)

ダンナちゃんが食後酒を進められて「大丈夫です。」と言ったらコニャックが出てきたという。(笑)日本語の「大丈夫」って難しいね。

そしてダンナちゃんが飲むのに苦戦してたので私が飲んだった。(笑)


(2回目)

そうそう、到着時から一触即発の雰囲気が漂ってましたが、3日目の朝ホテルでケンカ。けど、もう慣れたもんで10分足らずで後腐れ無く終息。(笑)ま、旅行中一度はケンカするだろうなと思っていたので想定内でしたよ。

今回の旅で学んだこと、それはホテルはバスタブがある部屋にすること。カップラーメンを持って行くこと。これだけ。

以上、番外編終わりですー。Bonne journée!

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

インスタもやってるよ!Instagram

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。

contact-b.jpg
2015フランス・パリの旅【番外編2】
まだまだ気付いたことを書いておこう。夜の8時半くらいにホテルに着いたんだけど、最寄り駅のサン・ラザール駅前のゴミ箱があふれ返っていたんだけど、翌朝はきれいなビニール袋に掛け替えられててきれいになってた。駅構内や街のいたるところにゴミ箱が設置してあってすぐにゴミを捨てられると言う快適な環境。日本は最近ゴミ箱少なくなってるもんね。

IMG_1418.jpg
(到着時のサン・ラザール駅)

これは日本でも同じだけど、メトロの番号が大きい路線は新しい路線なので、かなり地下まで潜るという。乗り換え駅でも場合によってはかなり歩きました。サン・ラザール駅から色んな路線のメトロに乗ったけど、深いところはけっこうエスカレータ昇ったり降りたりしたもん。

そして、駅や街のいたるところに「PAUL」というパン屋さんがあって、2日目の朝食で初めての対面のお買いもの。対面販売のお店なので、指さしで買えるからフランス語しゃべれなくても買える!しかもフランスパンが激うまだった。

朝一はモンマントル、初めての街歩きはドキドキした。けど、景色がどれも物珍しくて新鮮。そして、とにかく通りにはカフェだらけ。

IMG_1421.jpg

サクレ・クール寺院にはハトがいたけど、これは万国共通。(笑)パンを食べていると寄ってくる。

そしてミサンガを巻いてくる人がいるので要注意です。(話しかけてきて勝手にミサンガ巻いてお金を要求してくる。)話しかけてきたので「ノン」と断ったら、「中国?韓国?」って声掛けてきたので「日本」って言ったら、あらゆる知ってる日本語を話してきた。(笑)

IMG_1425.jpg

モンマルトル墓地にはカラスがたくさん。カラスの鳴き声も日本といっしょ。あたりまえか。

IMG_1455.jpg

モンマルトル墓地近くのプラス・ド・クリシー駅。


駅の話が出たのでフランス語の発音について気になったことをメモしときます。ガイド本にはがっつり日本語表記で駅名書いてるけど、実際の発音は違うことが多いということ。ま、当たり前といえば当たり前だけど、なのでほとんど聞き取れない。だからガイド本通りに言ってもフランス人には通じないというのもよく分かった。(ま、要するにネイティブかどうかってことなんだと思う。)

例えば今回の旅の基幹駅でもある「サン・ラザール」、ネイティブな発音だったら「サンラザー」って聞こえる。日本語読みだったら「サン、ラザール」って言う。この発音を電車の中で練習してたら、フランス人からにっこりされた。(笑)聞こえたとおり発音するのって大切だわ。

あと、メトロの車両はドアは自分で開けるということ。(新しい路線は自動ドアだったけど)ノブを引き上げるタイプ、ボタンを押すタイプ。「郷に入れば郷に従えとは」よく言ったもの。まわりの様子を見てて、マネをする。これ鉄則。(笑)私もノブ式のドア一度開けました。

エッフェル塔にも行ったけど、署名を求めてくる人がいたなぁ。あと物売りも多い。とにかく断る逃げる。(署名もスリ集団らしい。)


街を歩いて思ったのは、縦列駐車ばかり。しかも前後をピターっとくっつけてるからすごい。まるで車のCMのよう。

(写真は縦列駐車じゃないけど)

まだまだ書き足りないのでつづきます...。

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

インスタもやってるよ!Instagram

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。

contact-b.jpg
2015フランス・パリの旅【番外編1】
最後に番外編的なまとめ的な。あったこと思ったこと素直に書きます。(笑)一部、今まで書いたブログと重複するところ、異なるところがあるかもしれませんが、ま、素直な気持ちということでお許しください。

福岡空港国際線ターミナルには今回初めて行ったんだけど、国内線とは違いターミナルが国際線ぽかった。(笑)そして、まずどこに並んでいいのかが分からなかったという。(しょっぱなからけっこうテンパってた。)



行きの飛行機のチェックインでは係員の人が気を効かせてくれて(新婚旅行と思ったとみた!)3人席の窓側を空席にしてくれたし。おかげで行きは快適でした。



そして、7〜8割近くが外国人(欧米系)。客室乗務員も3名ほど日本人だったけど、担当してくれたのは外国人。今回の旅で初めの外国人との会話での接触という。

そうそう、食事の前におしぼり(ウェットテッシュ)をピンセットでつまんで出された。温かくて厚手のウェットテッシュは気持ちよかったー。

最初のご飯は和食か洋食か選べず(すでに洋食がなくなってた。)和食のそぼろごはんをいただきました。



そして、ナプキンやカップなどすべてもものがかわいく見える。(笑)(右手前の箱にはチーズとバターが入ってました。バターはお持ち帰りしたー。)

機内での飲み物にも国内線との違いが。外国人はコーラをよく飲むということが判明。あと、ビールやワインも選べたので、アルコール飲んでる人も多かったなぁ。(私は日本茶)

しばらくしておやつタイム。グリコのアイスクリームでした。



そして2回目の食事はカレー。



ヨーロッパまではぐーんと北を通って行くんですね〜。



そして、オランダ・スキポール空港上空。風景がオランダっぽかった。←ハウステンボスってこと。(笑)水路だらけでさすが運河のお国です。



スキポール空港は楽しいよ!という事前情報を得ていたので、楽しむ気満々だったけど、またしても乗り換えでテンパる。(笑)だって〜簡単って言ってたのに〜乗り換えまでけっこう遠かったよ〜。けど、ゲート番号が分かっていたら案内板通りに進むとちゃんと着きます。



で、途中の手荷物検査で機内でもらった水を捨て(これは事前情報通り)、入国審査では長蛇の列。(途中で窓口が増えたが。)

いろいろお土産屋さんがあったけど、それが高いのかどうなのか、まだユーロの感覚が分からなかったので、何も買えずじまい。ダンナちゃんはコーヒー飲んでチョコ食べてた。



私は売店をうろうろ。ミッフィーグッズ、ここで買っとけば良かったと後から後悔。


(時計が午後4時過ぎを指してます。)

噂通り、スキポール空港は飲食やお土産含め充実してましたー。

それからエールフランスでパリへ。周りはほぼ欧米人。きっと、日本で国内線に乗る感覚なんだと思う。出張帰りっぽい人が多かったな。軽食はパンにチーズが挟んでいるものでした。



そしてシャルル・ド・ゴール空港到着!



そんなに時間は遅くないはずなのに(午後7時くらい)人がいない...。しかも、暗い。(←日が落ちて暗いというわけではなく、照明が少なくて暗い。)そしてロワシーバス乗り場も閑散、バスも閑散。バスが来るのもしばらく時間があったので、本当にバスが来るのかどうか不安だったー。

ちなみに空港から市街地まではロワシーの他にエールフランスのバスや電車(RER)という選択肢もあるけど、RERは治安の面で不安ということもあったし、エールフランスのバスの到着地はホテルから遠いということもあり、ロワシーバスを選択しました。そしてオペラ・ガルニエまでは約60分。あまりにもスピードを出すのでびっくりした。(周りの車もバイクもすごいスピード)

そして、オペラからホテルまでは徒歩で10分弱。


(なんか、背中が疲れてる。)

よく、日本についたら醤油のにおいがする(福岡はとんこつだが)って言われるけど、フランスは香水(香料)のにおいがしました。石けんの香りなのか香水の香りなのか。

ホテルのバスタオルもがっつりにおいつき。

番外編、何番まで続くか分かんないけど、感じたこと、オフショット的な写真などアップしていきたいと思います。つづく...。

あ、そうそう、今回のフランスに行くって話をしたら、ほぼ100%の確率で「着物着ると?」って聞かれました。(笑)ちなみに今回の旅では着物を着ることは全く考えてませんでした。まず一つは荷物が増えるということ。そして、格好をできるだけ気にしたく(気にされたく)なかったからということ。(←なるべく現地の環境に馴染みたかった。)そして、長距離を歩くことが予想されてたので、どのような環境でもリラックスできること。(例えばどこにでも座れるなど)そして、日本人をアピールしたくなかったということがあって、今回の旅では着物は考えていませんでした。だって、初めての長期海外旅行だしねー。もうちょっと心に余裕がある時に着物を着たいと思います。

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

インスタもやってるよ!Instagram

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。

contact-b.jpg
2015フランス・パリの旅【5日目】
5日目、最終日。お昼には空港に移動なので、午前中は別行動。私はオペラにお買い物に。ダンナちゃんはホテル近くのモロー美術館へ。



途中、「リンツ」のお店を発見!量り売りでチョコ買った。



11:30 ホテルに戻ってチェックアウト。

いろいろとお世話になったサン・ラザール駅。アクセスもよくお店も充実しててとても便利でした。



しかもオペラ・ガルニエ横のロワシーバス乗り場まで歩いていける距離。

途中にあるギャラリー・ラファイエット。



ショウウィンドウは各ブランドのあやつり人形。

IMG_6872.jpg

そしてロワシーバスで空港へ移動。

空港についてエールフランスのカウンターに行こうとしたら、軍と警察に封鎖されてて、チェックイン出来ないかと思った...。そして、黒人の団体に囲まれるという...。

IMG_1784.jpg
(笑顔やけど、けっこうびびってた。)

そして、無事チェックイン。荷物を預けて待つけど、出発がかなり遅れたー。



おなか空いたので、軽食をいただく。(今回は食べてる写真が多いな〜。)



そして、無事搭乗。



帰りは真ん中の席のしかも通路に面してなかったので、かなりきつかった。長時間の飛行機はぜったい通路側がいいわ...。(←席選べなかった。)

遅れて到着したので、飛行機を降りたところで紙に名前を書かれ案内されたー。そして時間もないので、バタバタとバスで国内線ターミナルに移動。

14:10 羽田離陸



16:05 ほぼ定刻で福岡空港に到着

17:30 無事帰宅できました。帰宅して速効湯船に浸かってとんこつラーメンを食べに行ったという。(笑)

そして、自分へのお土産、各美術館で観た絵のポストカード、マロンクリーム、二ベアのでかいの、エマで買ったパックとピアス、そして写ってないけどモノプリのエコバッグ。

IMG_6876.jpg

また、フランス行きたーい!(今度はお買い物メインで)

というわけで、最後のまとめ。

今回のフランス行きは約1ヵ月前に決定して、それからチケットと宿泊を予約して、ガイド本を図書館で借りて、行きたいところをチェックしてという手順で行いました。(代金入金4日後にテロが起こったんだけどね。)

ガイド本には現地で注意しなくちゃいけないことなど、読むと怖くなることがいっぱい書いてあったけど、気をつけていれば普通の楽しい旅行でしたよ。(スリのことやミサンガ巻くよって声かけられたり、署名を求められたりしましたが、ちゃんと事前情報があれば、きちんと対処できます。)あと、外務省からのメールを随時チェックしてました。

そして、悪い情報ばかりじゃない!フランスは優しかった。フランス語は分からなかったけど、フランスの優しさは感じました。(ま、多少日本人とバカにされている部分もあったかと思いますが)

テロ後、フランスはいろいろと大変なことはあるとは思うけど、観光立国なので、ぜひフランスに遊びに行きたいと思っている人は行って欲しいと思います。

しかし、年明けから福岡⇔ヨーロッパ直行(KLM)が運休しちゃうんだよね〜。次の目標はKLMが再開した時にまた行きたいと思いました。(エールフランスよりKLMで行きたい人)

時差対策をしてた(つもり)なので、翌日にはレッスンを行いましたが、見事に翌日体調崩した...(笑)やっぱり疲れたのねん。機内での体調管理対策もしっかりしとけばよかったーと反省しとります。

というわけで、5回に渡って綴ったフランス紀行でした。いやー、楽しかった!

---

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

インスタもやってるよ!Instagram

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。

contact-b.jpg
2015フランス・パリの旅【4日目】
4日目はオールセー美術館からスタート、と、その前にサン・ラザール駅でクロワッサン+エスプレッソで2ユーロというモーニングセットを買う。

2015-12-10-08.38.23.jpg

(サン・ラザール⇒ソルフェリノ)

オルセー美術館到着〜。9時半開館だったけど、今日も早く着いたー。

2015-12-10-08.58.45.jpg

なので、朝買ったクロワッサンをセーヌ川を眺めながら食べる。

2015-12-10-09.06.34.jpg

オルセー美術館はもともと駅舎だったとのこと。

2015-12-10-10.22.35.jpg

そして、ルーヴル美術館以上に知っている絵がたくさん。そして、東京でのオルセー美術館展で観たものもたくさん。

IMG_6842.jpg
(ミレーの「落ち穂拾い」あまりにも有名な絵)

IMG_6849.jpg
(ゴッホの自画像)

IMG_6850.jpg
(ポンポンのシロクマ)

IMG_6851.jpg
(ドガの「バレエの舞台稽古」)

IMG_6852.jpg
(モネの「サン=ラザール駅)

IMG_6853.jpg
(モネの「日傘をさす女」)

IMG_6854.jpg
(セザンヌの「オレンジとリンゴ」)

IMG_6855.jpg
(ルノアールの「ピアノをひく少女たち」)

IMG_6858.jpg
(ドガの彫刻「14歳の小さな踊り子」)

IMG_6861.jpg
(これは再会、ジュール・ルフェーヴルの「真理」)

IMG_6846.jpg
(こちらも再会、アレクサンドル・カバネル「ヴィーナスの誕生」)

IMG_6862.jpg
(これ、漫画の「悪魔(デイモス)の花嫁」で出てきた絵、ドガの「舞台の踊り子」、これ観たとき、かなり感動しました。)

オルセーを出て、ルーヴル美術館方面に歩いていると韓国人カップルに写真撮ってくださいと言われたので、こちらもお願いして写真撮ってもらいました。(向こうは新婚カップルみたいだったけど、こっちもそんな感じに見えたのかな?)

IMG_6864.jpg

そしてピカソ美術館へ移動。

(チュイルリー⇒サン・ポール)

サンポールの駅降りたら、ピカソ美術館まで徒歩7分と比較的遠めで、しかも方向が分からず久しぶりに地図とにらめっこ。



ここからかなり疲れていたので、写真はほどんどありません...。

そして夜までこの周辺をぷらぷら。B・H・V(ベーアッシュヴェー)でお土産を買ったり、パリ市庁舎で休憩したり。


(パリ市庁舎)


(バスティーユ広場)

そしてこの日の最後は近代国立美術館。

IMG_1722.jpg

4日目が体力的に一番きつかった...(5日目に続く...)

---

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

インスタもやってるよ!Instagram

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。

contact-b.jpg