仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
毎年「何着てたっけ?」と悩む季節

9月になり涼しくなったり、ちょっと蒸し暑かったりと、なかなか思いっきり単衣には踏み切れない日々。まずはあんまり夏っぽくない夏着物を衿(襦袢)なしで着たバージョン。9月2日(日)の着姿。

9月6日(水)は初級コーススタートだったので夏ものを襦袢あり。

9月12日(水)はちょっと蒸し暑く、筒袖襦袢に麻きもの、夏っぽいきものをいかに秋らしく着るかが課題。しかも暑すぎて補整ナシだったという。

毎年のことだけど、この季節はホント着るもの悩むわ〜。(毎年言ってる。)そんな時、このブログが役に立つのです。(去年の今ごろは何着てたっけ〜?って考えながら過去を振り返る...。)


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

ドゥーブルメゾンのゆかたに新たにコーデする帯とは?

いつもコーデががっちがちに固まっているドゥーブルメゾンのゆかた。今年はこのゆかたに紺やグレー以外の帯を合わせるよう、自分に課題を課すことに。

というわけで、今回は黄色の帯をコーデしてみた。

最初はグラデの面をコーデしてみたんだけど、ゆかたの柄に負けてる感じ。ちなみに三分紐もシルバーを使用してます。

なので、レッスン後反対面の黄色一色にしてみたら、こっちの方がよかった。(三分紐は白にチェンジ)

「黄緑も合うよ」とアドバイスいただいたので、次はそれにチャレンジしてみようと思う。


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

華奢ネタからの衿のカーブと仕立ての話

前述の華奢に見せる件のつづきなのですが、先日来た着物について少しだけ補足を...ちなみに先日の着姿はこちら。

その前の着姿

ほぼ同じアングル、同じ帯結び、着ている襦袢は異なると思うので、多少そのせいもあるけど、着物の衿の横幅が違うの分かりますか?

左の水色の着物はリサイクルで買ったものをマイサイズに仕立て直したもの。右は自分で仕立てたもの。水色の着物を仕立て直しの依頼をした時、「衿肩明きが裁ち切り2寸8分になってます。」と和裁士さんからご連絡いただきました。ちなみに右の着物は昨年仕立てたもので、おそらく衿肩明きを2寸5分にしているので、ちょっとしたことだけど、衿の形やその周りの布の動きも変わってきます。(ちなみに私は通常の着物は裁ち切り2寸5分、ゆかたは2寸2分で作ってます。)

着付けでもかなりいろいろやれますが、衿周りの印象は繰り越しや衿肩明きの寸法でも印象が変わってきます。


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

まだまだあるよデットストック生地

というわけで、デットストック生地第三弾!これも一昨年縫ったやつ。

ピンク系もそうだけど、イエロー系も夏ものでは(私の中では)珍しいので大切に着たい一枚。

そしてこの着物も帯がちょっとパターン化しているので、今年は新たなコーデを考えたいと思います。

 

さ、W杯でも観ますか!(日本×セネガル戦)


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

こちらもデットストック生地

今年の初めの冬に縫い上げた夏もの。こちらもおそらくデットストック生地で麻とポリが混じってて、ジャリジャリしててとても涼しい着物。

がっつり夏もの(特にゆかた)は古典柄が大好き。今ちくちくしているゆかたも綿コーマの朝顔。(昨年から朝顔ブーム、一部ねこ柄www)

古典柄の時は、ベーシックな帯結びで。


応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg