仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
大人の兵児帯の結びかた(おまけ)
大人の兵児帯の結びかたのつづき...

【応用】先ほどとは逆にタレ先を上から下に入れます。

IMG_1145.jpg

長さのバランスがとれない時はひと工夫。

IMG_1146.jpg

ワになっている部分に帯締を通します。

IMG_1147.jpg

お太鼓の大きさを調整して完成!

IMG_1148.jpg

帯巾についてですが、二つ折りで広い場合は
結び終わって回したあと、帯板に合わせて調整すると
すっきりきれいになりますよん。





ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ ブログランキングならblogram
大人の兵児帯の結びかた
キモノモダンさんよりリクエストを承りましたので、
キモノモダンの「大人の兵児帯」を使って超簡単かわいい帯結び〜♪

まず、兵児帯を半分におり、手先を80cmくらいに決めて、
ミミ側にクリップをつけておきます。

IMG_1130.jpg

さらに半分に折り、身体の中心の伊達締めにとめます。

IMG_1131.jpg

脇に向けて広げます。

IMG_1132.jpg

一巻きして軽く締めます。

IMG_1133.jpg

二巻きして、もう一度締めます。

IMG_1135.jpg

締めたら、脇から半分になるように折り上げます。

IMG_1136.jpg

テ先が上になるようにクロスさせ、ひと結びします。

IMG_1136.jpg

帯の上線より上に結ぶと帯が下がりにくくなります。

IMG_1137.jpg

帯の上線より上に結ぶと帯が下がりにくくなります。

IMG_1138.jpg

タレ(下の長い方)で蝶々の羽根を作ります。

IMG_1139.jpg

上に預けていたテ先を羽根に巻いて蝶々結びにします。

IMG_1140.jpg

普通の蝶々結びと同じです。

IMG_1141.jpg

蝶々の羽根の大きさは肩巾〜胸巾くらい。
左右のバランスと余ったテ先(左下)のバランスを整えます。

IMG_1142.jpg

タレ先(右下)を結び目の下から上に通します。

IMG_1143.jpg

上下左右のバランスを整えて出来上がり。
余った方はもう一巻きしてもいいですよ。

IMG_1144.jpg

Facebookのアルバムにもアップしてます。
こちらからご覧いただけます。)続きはまた明日!

ブログランキングに参加しています。
応援宜しくお願いいたします!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ ブログランキングならblogram
ウェブキカタキョウシツ【番外編・カルタ結び】
ひなちゃんよりリクエストを賜り、
急遽アップしました。(笑)

というわけで、今日はカルタ結びのお勉強です。
カルタ結びのテ先の長さは、帯の巾×4倍+帯の厚み分です。
テ先の長さが決まったら、写真のように直角に折り曲げます。




胴に一巻きします。



一巻きしたら、一緒にクリップで留めておきます。
この時、なるべく帯がゆるまないように
しっかりと締めながら巻いていきます。



同様にもう一巻きして、しっかりと締めておきます。



テ先を持ち、帯と帯板の間にテ先から入れます。



テ先を入れたら、下までしっかりひっぱります。
この時、きれいな正方形ができるように形を整えてください。



留めておいたクリップを外し、
反対側にきっちりと折り返します。



そのままタレを内側にくるくると巻いていきます。



くるくると巻いたタレを胴にくっつけます。



テ先を一度目と同じように、帯と帯板の間に先の方から入れます。





テ先は写真のように少し出てても大丈夫ですし
長い場合は、折り返して帯の内側にしまってもよいです。



あとは、くるっと回してできあがり。



ぽちっとクリックしていただくとランキングがアップします!
応援よろしくおねがいしまーす!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
ウェブキカタキョウシツ【帯揚編2】
昨日の続きです。
左に預けていたのを戻して、シワがないように整えます。



同様に内側に折り畳み、結び目から15cmくらい残しておきます。



畳んだ部分を持ち、真下に入れ込みます。
(この時も帯板の内側に入れます。)





残しておいた遊びの部分を手前に巻くように持ってきて
しっかりと入れ込みます。







人差し指を帯と帯揚の間に入れて、
帯揚を帯の内側に入れていきます。



出来上がり。



帯揚が帯の上できれいに弧を描くような曲線に仕上げたら
美しいですよ〜。
あと、結び目がポコっと出ないように注意しましょう。


ブログランキングに参加してます!
よかったら、2つともぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ
ウェブキカタキョウシツ【帯揚編1】
続きまして帯揚編です。
通常帯揚はきちんと結ぶ方法が正式なやり方ですが
結んでしまうとどうしても一番きれいになって欲しいところが
くしゃっとなってしまうので、
今回は交差させて入れ込む方法をご案内します。

まず、帯揚を半分に折って、さらに1/3に下側から折ります。
その後上側を1/3折ってください。





最初から帯枕に帯揚を掛けている場合は
先に下1/3折って、次に上1/3を追った後
それを1/2に折って下さいね。

帯枕への帯揚の掛け方で最初の折り方が異なってきますが
最終的に帯揚巾の1/6巾になっていれば大丈夫です。



折った後はワの中に指を入れて、シワをとっておきましょう。
この時、上側がワになるように、そしてこのワの部分が
見えるところになりますので、しっかりと丁寧にシワを取ってください。



片方が準備できたら、クリップで留めておいて
反対側も同じように整えてください。

準備できたら左右の手に持ちます。
この時、ワが上になるように。



身体の前で(自分から見て)左が上になるように交差させます。
この時、ワが手前側になるように。



ひと結びして、横に引いてしっかりと締めます。



その後、右手側を上、左手側を下にして結び目を立てます。



右手側をそのまま左の脇に預け、
ゆるまないように脇に挟んでおきます。



下側を内側にくるくると畳みます。
この時、小さく畳むとゴロゴロするので
5〜7cmくらいの巾で畳みます。



畳んだら、それを右斜め下の帯板の内側にしっかりと入れ込みます。



入れ込む時、右側の胸の下の帯揚を巻き込まないように
帯揚の外側に入れるようにします。


写真いっぱいなので、今日はここまで。
明日続きをアップします。


ブログランキングに参加してます!
よかったら、2つともぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ