仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
東京でのレッスン&ワークショップありがとうございました!

先週の東京でのレッスン&ワークショップにご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

最終日の広バチ衿リメイク教室の様子。

 

2016-06-19-12.25.51.jpg

 

土曜日の大人リボン結びに参加してくださったHさま。

 

IMG_4254.jpg

 

ご感想もいただきました!

とても楽しいレッスンをありがとうございました。
今日の帯は、滑りやすくて苦手だったのですが
大人リボンにしたらとってもよく締まって、
レッスンの後に色々と歩き回っても落ちてこないので
快適に過ごせました。
これからいっぱい大人リボン結びを締めたいと思います。

また、東京でもレッスン&ワークショップができたらと思います。

他の地域からのオファーもお待ちしておりまーす!

 



応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
インスタもやってるよ!Instagram

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

多奈ゑりきもの教室が提案する「簡単半衿付け教室」

簡単半衿付け教室とは?
簡単半衿付け教室とは本や雑誌に載っている難しい半衿の付け方ではなく、シンプルな手順でザクザクと半衿を付けていく教室です。お裁縫が苦手な方でも、簡単に半衿を付けることができます。(ブログにも書いてますので参考にされてください。⇒「多奈ゑり流半衿付け教室」)

 

インスタやFacebookでアップしたタイムラプス動画。まずは正面から。
 


別アングルでも。
 

 

半衿付け教室を受講していただいた方に

目からウロコの半衿付け、たいへん充実したひとときでした。「ザクザク」というフレーズにほんとうに心惹かれました。 そして、まさに実際にそうだったので…これからは楽しみながら出来そうです。

というご感想をいただきました!

基本は針と待ち針と縫い糸があればOK!半衿のアイロン掛けなどの事前準備も不要です。慣れてくると10〜15分で付けられるようになります。

☆持ってくるもの
襦袢(長襦袢or半襦袢)、半衿、
裁縫道具(待ち針、縫い針、糸切り鋏)
裁縫道具はレンタルもできます。
※時間内に2回付け替えを行いますので、襦袢と半衿を2セットお持ちいただいても結構です。
※襦袢に付いている半衿や三河衿芯など縫い付けるタイプの衿芯は外しておいてください。
 



応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
インスタもやってるよ!Instagram
多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

多奈ゑりきもの教室が提案する「広バチ衿リメイク教室」
「新!広バチ衿リメイク教室」とは、今まで行っていた「バチ衿⇒広衿リメイク教室」のバージョンアップ版となります。

約2年間ワークショップを行ってきた中で、「広衿の襦袢を見たことがない」や「広衿の襦袢の着かたがよく分からない」という声を聞きました。なので、効果は広衿のままでバチ衿の手軽さを併せ持った「広バチ衿」に作り替えるというワークショップです。

ワークショップではまずバチ衿の襦袢を広バチ衿にして、半衿を付けるというところまで行います。

半衿をたっぷり見せたい着こなしを目指す方や、身幅が狭くて着にくくなった襦袢が見事に復活しますよ。実際、私も身幅が狭くなって着なくなってた長襦袢が見事に復活!今ではほぼ毎日着てます。

効果は基本今まで行っていたバチ衿⇒広衿リメイク教室で作り替えたものと同じになりますので、こちらのブログ記事も参考にされてください。

⇒ バチ衿⇒広衿リメイクワークショップまとめ







☆持ってくるもの
襦袢(長襦袢or半襦袢)、半衿、
裁縫道具(待ち針、縫い針、糸切り鋏)
裁縫道具はレンタルもできます。
※広バチ衿にリメイクした後、半衿付けを行います。
※襦袢に付いている半衿や三河衿芯など縫い付けるタイプの衿芯は外しておいてください。
 

contact-b.jpg

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
インスタもやってるよ!Instagram
3回目でのレッスン成果
5月初旬に中国での結婚式出席のため、4月4日より6日、8日と2日おきにレッスンにお越しくださったKさま、3回目にして袋帯完成しました!

2016-04-08-23.55.17.jpg

最初のメールのやりとりでは、「6回くらいを目安に」とお伝えしていたのですが、ご本人の自宅での練習の成果もあり、なんと3回で最後まで完成!ご本人の努力なくしてはありえません!!!

レッスンの最初にお話ししているのは「年数より回数」という言葉。とにかく回数を重ねたら着られるようになるのです。

昨日のレッスンでひととおり最後まで終わったので、来週に1回手順確認のレッスン、そして今月末にもう一度最終確認レッスンを行い、渡航の運びとなる予定。もう少し着こなしの精度を上げられたらと思います。

一週間に3コマというレッスンもポイントコースを使用すれば可能です。ご自身の目標やライフスタイルにあったコースをお選びいただけるようになっておりますので、スケジュールについてはお気軽にご相談くださいね〜。

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
インスタもやってるよ!Instagram

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg
より美しく
初級コースの時はあんまり口うるさく言ってない(つもり)ですが、ある程度着物が着られるようになったら、ぜひ自分の着姿をもう一度チェックしてみることをオススメしております。

私も頻繁に着始めた頃そうでした。衿の角度や半衿の出かた、帯の位置など毎回着る度に反省するところ多々。ぜひ、自分の目標とする着姿をイメージして欲しいのです。あとは自分の顔の輪郭や体つきにあった着かたなどもね。

そんなご要望をお持ちのMさまがレッスンに来てくださいました〜。

左側がレッスン前、右側がレッスン後。具体的にどこが変わったのか解説付きで説明します。まずは正面の写真、左は着物の幅が広く見えます。右はほぼ同じ幅なんですが褄先が上がってるのですっきり見えます。

2016-03-02-18.30.26.jpg

後ろ姿、着物の下前も上がってないので、お尻の幅のまま裾までその幅がキープされているため身体が大きく見えます。下前をしっかり上げることによって裾すぼまりのシルエットに。八掛もきれいにチラ見えしてますね。

2016-03-02-18.31.02.jpg

まず衣紋が抜けてなかったのでショートヘアと身体のバランスに合わせた抜き加減を提案。後ろ姿を見ていただいても分かるよう、そんなにたくさんは抜いてません。

あと、帯も少しだけ前下がりになってるので、胸の部分の窮屈さも改善されました。

2016-03-02-18.31.50.jpg

衿の合わせ、左は衿が立ってしまってちょっと窮屈そう。右は衣紋もほどよく抜けて衿合わせもこなれた感が出てます。帯揚、帯締もしっかり練習したのでスッキリ。帯揚帯締も大切なんです!

2016-03-02-18.33.12.jpg

衣紋を抜いて着丈が長くなり、帯位置が少し下がったのでお端折が少し短くなってしまいましたが、これは腰紐の位置を少し調整することで改善されます。

ポイントコースではこんなレッスンを行ってます。しかも、今までご自身が習ったやり方を優先して行いますので、手順を大きく変えることなくレッスンを受けていただけますよ。

レッスンのお申し込み待ってまーす!

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

インスタもやってるよ!Instagram

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。

contact-b.jpg