仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ウェブキカタキョウシツ【着物編7】
お待たせしました、続きです。
まず、お端折の始末のしかたから。
分かりやすいように片身を脱いでます。

まず、コーリンベルトを留めたら
前回の教室を参考に、背中のシワなどを取っておきます。



右手は前と後ろのお端折をしっかりと押さえておき
左手は内側のお端折を外向きに折り上げ
その折り上げた三角の山のてっぺん(↑のところ)を
左のコーリンベルトに上から引っ掛けて挟み込みます。



ここがお端折を一枚にするポイントです。

それでは続き、伊達締を締めます。
着物に使う伊達締はお端折が落ちて来ないよう
下からすくいあげるようにして、お端折を整えながら当てます。



それからの締め方は襦袢の時と同じです。







締めたら前のお端折を整えます。



後ろのお端折も下に引っ張って背中のシワを取ります。



帯板をつけて完成!



さていよいよ次回から名古屋帯に突入〜。
今週末せっせと撮影しますぜ!お楽しみに♪


ブログランキングに参加してます!
よかったら、2つともぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ
ウェブキカタキョウシツ【着物編6】
ちょっと間が開いてしまいましたが、つづき。
コーリンベルトを留めたら、背中のシワを脇に寄せます。

まず、背中心を右手で押さえておいて
左側にしわを寄せて、脇でタックをとります。
脇のタックの取り方は、襦袢の回を参考に。



手を持ち替えて、右側も同様に。



右の脇の余った布は、前のお端折の中に入れ込みます。



さて、いよいよ前のお端折の処理。
右手で後ろと前のお端折をつなげてしっかりと押さえておき
左手を身八つ口から入れて、下前のお端折を写真のように
斜めに折り上げます。折る方向は外向きです。



折り上げたお端折は、コーリンベルトのゴムまたは金具に
上から挟み込みます。
写真と文章だけでは分かりづらいと思いますので
ここら辺はもう一度写真撮り直しますね〜。

今日はちょっとでしたがここまでです。


ブログランキングに参加してます!
よかったら、2つともぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ
ウェブキカタキョウシツ【着物編5】
つづきです。

お端折をとんとんした後は
いよいよ衿を合わせていきます。と、その前に
ここで最後に衣紋をもう一回抜いておきます。
(ここで抜かないと、後からは抜けませんよ〜。)

着物をたくし上げて、襦袢のお尻の部分2カ所を持って
しっかりと抜きましょう。



次にもう一度、左右の掛衿線を身体の前で合わせ
背中心をしっかりと真ん中に合わせましょう。



次に衿の後ろの部分から襦袢の衿(半衿)が見えないよう
しっかりと着物の衿を合わせてください。
真後ろで襦袢の衿が着物の衿から
5mmくらい下がっていたら大丈夫です。



次に下前の衿を合わせます。
下前(右側)の衿を持って、掛衿線のところを
親指の第一関節分(約2cm)折り込んで、衿の折り目を馴染ませ
ちょうど耳の下あたりから半衿が見え始めるように合わせます。



半衿が見える分量は、人差し指の第一関節分(1.5cm)を目安に。
衿を折ったまま右手をアンダーバストの指3〜4本下までをずらし
しっかりと固定しておきます。

左手でコーリンベルトを身八ツ口から入れ
固定しておいた位置(アンダーバストの指3〜4本下)で
コーリンベルトの金具を留めます。



金具を留めたら、金具を右手で押さえておき
コーリンベルトを身八ツ口から出して背中心まで持ってきます。

左手が背中心まできたら押さえていた右手を外し
背中心で右手にコーリンベルトを持ち替えます。



持ち替えた左手はそのまま背中心を押さえておきましょう。
コーリンベルトを右の脇まで持ってきたら
下前の衿と同様に、左手で上前の衿を合わせていきます。

左手が右の胸のアンダーバスト指3〜4本下までずらして
しっかりと位置を決めたら右側のコーリンベルトを留めます。
留める位置は左側と同じ高さに!



今日はここまで。


ブログランキングに参加してます!
よかったら、2つともぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ
ウェブキカタキョウシツ【着物編4】
後から読み直して、「ここは追記した方がいいかな。」とか
「ここの写真の説明分からないな。」ってところは
どんどん追記してます。
お気づきの点がありましたら、どしどしコメントをお願いします!


紐を締めた後は、まず着物の丈を再度確認します。
丈が短いときはお尻の部分をつまみ、下向きにひっぱります。
長い時は、紐の上をひっぱって調整してください。



次に上前をめくって、下前の上がり具合を確認します。
上がりが足りない時は、写真のように
下前の上の方を引っ張ってください。
上がり具合は前の回を参照してくださいね〜。



次に上前、ちゃんと右端が上がっているか確認します。
正面から見て、自分から見て衽線(おくみせん=細い線)の
左側では下前が覗かないように調整しましょう。
衽線の右側では下前が覗いても大丈夫です。



丈を調整したら、締めた紐のところによったシワを取ります。
指を着物と紐の間に下側から入れ、シワを脇の方へ寄せます。



同じように後ろのシワも脇に寄せます。
この時たくさんシワがより過ぎる場合は、
着物の巻きがあまい可能性も...。
おしりにぴったりくっつくように、着物を巻いてくださいね〜。



ここがポイント!

おはしょりをまっすぐするために、腰紐の左側を少し上げます。



後ろの腰紐も衣紋を抜く分少し上に上げてあげると
後ろのお端折がもたつかなくていいですよ〜。



最後にもう一カ所ここがポイント!
衿の先が腰紐にしっかりとかかっていて
ちゃんとシワが伸びて、写真のようになっているのを
確認してください。

ここがきちんとなっていないと、お端折がきれいにならないので
必ずここはきちんと処理しましょう〜。



最後に身八つ口から手を入れて、お端折を整えます。
まず、後ろからとんとん。



同じ要領で前のとんとんします。




今日はここまで。
ちょっと、疲れた...ふ〜。


ブログランキングに参加してます!
よかったら、2つともぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ
ウェブキカタキョウシツ【着物編3】
前回の補足です、こんなかんじ。



そして次、
右手でしっかりと着物を押さえて
左手で余った着物を上にたくし上げて
腰紐を締める準備をします。



写真ではゴム式の腰紐を使ってますが
普通の紐の時も同じ要領です。

左手に紐の中心をとり、右の腰骨の上にあてます。



そしてまず左手だけ動かして、おへそを通過するように
左の腰骨に向かって移動させます。
左手が左の腰骨のところまできたら、
右手と左手を一緒に後ろに動かします。



真後ろまで手がきたら、右と左の紐を持ち替えて
ここで一度ぐっと締めます。
交差させたところの近くで締めるとよく締まります。
紐の時はさらにしっかりと締めて下さいね〜。



左の紐の方が長くなっているはずなので
再び左の腰骨、おへそを通過して両手とも
右の腰骨のところまで持ってきます。



ゴムベルト式の場合はここでぱちっと留めますが
紐の場合は、なるべく右の腰骨の脇よりの方で結びます。
この時、脇に近ければ近いほど、
お端折に響かずすっきりと始末できますよ〜。

紐は2回かけて、片蝶々結びに。
余った紐は下から上に挟み込んで始末しておきます。
(↑ここの画像を後ほど用意しますね)


ブログランキングに参加してます!
よかったら、2つともぽちっと。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ