仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
着物を早く着ることや帯が早く結べることは重要か?という話。

○秒で着物が着られる!とか、簡単に着物が着られる!とかいうキャッチを見る度にざわつく私の心。

 

ざわつく原因 屬─どうなってんの、それ?」「どうやって着るの、それ?」

ざわつく原因△修鵑覆傍泙い巴紊詆要ある?

 

昔は日常着でみんな着てた時は早く着られることも重要だったかもしれないけど、今現在の着物ってずいぶん状況も変化してるし。

確かに着るのに1時間や2時間かかってたら大変だけど、着る頻度を増やすと確実に着る時間は短くできる。(私が実際に体験済み)

かと言って、私も別にむちゃくちゃ早く着られる訳でもなく(むちゃくちゃ早く着ようとも思ってないけど)それよりも着物を着る時間=行程を大切にしたいと思ってる方。

 

レッスンの時に時々お話するんだけど、着物を着るのってお茶(茶道)に似てるのかなと。お抹茶飲みたいなって思うだけなら、お茶碗にお抹茶入れて、お湯入れて、茶筅でかしゃかしゃすると、お抹茶はでき上がる。日常生活において煎茶を飲みたいって思った時、おそらくそうする人は多いと思う。けど、よく考えてみたら茶道の手順って行程がいっぱいある。

 

いちおう私も小学生〜高校まで茶道経験者なのでその行程は知っているつもりだが、お道具を準備して、運んで、お茶碗や茶筅を温めて、お茶立てて、お茶碗濯いで...って平手前でもおそらく20〜30分はかかると思う。ポットのお湯入れてしゃかしゃかやるのが2〜3分と思えば10倍の時間はかかってる。

 

なんで通常の10倍かかるようなことをわざわざするのか。今思えば、私はお茶を立てる行程がすごく好きだったなと。ひとつでも抜けると次の行程に進むことができない。(できないというか、スムーズに進まない。)これが着物を着る時に似てると思う。だから着物を着る行程が好きなのかなと。

 

その日のコンディションや気持ちを感じながら着物を着るのって愉しいもん。うまく行く時もあれば、失敗することもあるし。あと、着物を着る前の半衿を付けたり、小物を揃えたり、コーデを考えたり準備をするのも愉しい。

 

そんな行程が面倒って感じるのであれば、簡単に着られる着物を選べばよいと思う。簡単に着られる着物を否定しているわけではないし、私も必要に応じてその手段を選ぶから。

 

着物とどう向き合うのかはあなたしだいです。


教室のホームページ、お問い合わせはこちら
 


応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)

やめること、はじめること

あんまり小難しいブログ記事は書かないんだけど、たまには日々の出来事を書いてみようと思って。

まず、やめること(やめたこと)、9月いっぱいでスポーツジムをやめました。特に理由はなかったけど、ここ2ヶ月行ってなかったというのもあるけど、なにより行きたいという気持ちが起きなかった。

20代の時に行ってたジムは好きなスタジオプログラムがありどハマりして週2〜3回のペースで行ってたんだけど、今回のジムはそういったものもなく、最初っから週1行けばいいほうだったんだけど、運動だけではなく岩盤浴があって、しかも作務衣代100円払えばよかったので、冬場は特によく利用してました。

今年になってジム運営が替わり、岩盤浴の使用料が替わり、岩盤浴目的での使用が見込めないのと、今年の冬から「走る」ということを覚えたので、ジムに行かなくてもいいじゃん、なんて思うようになり、今に至ります。

退会の手続きに行ったのがちょうど1ヶ月前くらいだったんだけど、やめると決めたらなんだかスッキリしたのと同時にほっとした。

今まで、会費払ってても行けてない時の後ろめたさがそうとう負担だったんだろうなって、その時やっと分かりました。wwwまぁ、ジムをやめたからには走らなければ...って感じですが。

じゃ、はじめたこと。うーん、これは特にないけど、初めてエステというものを体験しました。顔はもちろん、デコルテからしっかりリンパマッサージをしてもらい、心地のいいこと!(笑)

あんまりエステというものを信じてなかったんだけど、施術前と後で顔の透明感があまりにも違うことにびっくり!自分でできないことを対価をお支払いしてやってもらう。これって大切。そして、エステティシャンの接客から学ぶことは多い。たとえそれがマニュアルだったとしても、非常に参考になります。

特に何かを始める時ってきっかけというのがとても重要だと思ってます。今回のエステの場合、特に自分で探してたわけでもなく、たまたま行った場所でたまたまハンドマッサージをしてもらい、それがきっかけでエステを受けることになりました。

このブログやSNSをきっかけに「着物の着かた習いに行きたいな。」って思ってもらえるのかな...なんてことも思いながら。

10月、11月スタートの初級コース、まだまだ募集しております!

 

 

 

omote.jpg

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

「変わらない」ということ

自由業になって約5年半経ちますが、多奈ゑりきもの教室としては開業当初より何も変わってません。「着物の着かた、楽しみかたを伝える」ということ。ただそれでけ。

 

ふと周りを見ると、目まぐるしく変わっているのが現状。そんな周りの動きを見ていると「自分も何か変わらないといけないのか?」「自分ももっと何かやんないといけないんじゃないか?」って気持ちにさせられます。

 

しかし、先月、元・着物友達で現・友達(←着物を介さなくても友達でいられる関係)の友人より「多奈ゑりさんは何も変わってないから安心する。」って言われて、なんか肩の荷が降りた感がありました。

 

新しいことにチャレンジすることも大切だと思うけど、やり続けることも大切なんだなって。

 

地味ですが、細く長く、いつでも困ったときに頼りにしてもらえるような、そんな教室でありたいなって思います。

思い出のリオ閉会式

リオ閉会式、この舞台に着物を選んだ小池都知事はすばらしいと思いました!

 

2016-08-22-20.58.09.jpg

 

オリンピックの閉会式から数日経ち、小池都知事の着物について、良いの悪いのと色んなところから聞こえるようになってきました。

 

SNSでアップされている様々な記事を読んで思うのですが、よくもまぁ否定的な意見を書けるなーということ。そこまで書くなら、書いた方々は誰からも批難されないような着物を選ぶことができるのか、誰からも批難されないような着付けを自分でできるのか?と言いたい。

 

今の世の中、みんなが揃って「良い!」って言ってもらえることなんて、そうそうにない、しかも、こうもネット環境が身近にあると、肯定的な意見と同じくらい(匿名だと特に)否定的な意見も出てくる。

 

あのきものはどうだ、とか
あの着付けはどうか、とか

 

そんなことより、まず先に

 

きもの着たことがすばらしい!
自分で着たなんてすばらしい!

 

って、思えないものなのかなと思います。否定から始めるのはもうお腹いっぱい。

 

これは、日常の着物についても同じことが言えると思う。いわゆる人のコーデや着付けをあーだこーだ言う人。洋服だったら何にも言われないのに、着物になったとたんいろいろ言われるという事実。

 

こういうことを言う人がいるから、みんな怖がって着物を着ることに関してハードル高く感じちゃうんじゃないかな。着物着て欲しいと思ってるなら、もっと懐深くあたたかく見守って欲しい。

 

私は教えているという立場上、レッスンに来られた方にはアドバイスしてますが(ま、これが仕事だからね。)、教室以外ではアドバイスを求められない限り何にも言いません。ってか、そもそも着物着て楽しんでくれてることが嬉しいから。

 

いろいろ言いたくなる気持ちをぐっと抑えて、まずは着物を着てくれていることにありがとうという気持ちを持ってみると、もっと視野も広がると思います。

 

リオの閉会式「トーキョーショー」で印象的だったシーンまとめ。

 

2016-08-22-21.00.38.jpg

 

2016-08-22-21.06.37.jpg

 

2016-08-22-21.08.42.jpg

 

2016-08-22-21.09.50.jpg

 

2020年の開会式楽しみ♪

 



応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

2005年の誓い
断捨離してたら昔のノートが出てきた。
4冊くらいあったんだけど、その中の一冊は
ぜんぶ着物のことが書いてあった。

ぺらぺらとめくっていると、あ...

IMG_0675.jpg
(下の和裁技能士は無視してください。www)

有言実行で二つとも翌週には始めました。
(着付けは他装+お免状取るためのやつ)

他にもたくさんメモしてて、一生懸命勉強してたのがよく分かる内容。
忘れちゃいけない、この頃の気持ち。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ 人気ブログランキングへ