仕事とプライベートで着物を楽しむ+α
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
帯の上に胸をのせない、のらせない。

えー、先日ゆかたのレッスンを行って久しぶりにこの件を熱く語りましたので(笑)再アップです。

今回は体型別にまとめてみようかと思います。

 

まずは 胸にボリュームのある人

ゞ擦鯱汰ブラなどでホールド、脇やアンダーバストに肉をはみ出させない

胸を正面から抑えるようにブラをしてしまうと、お肉は脇や下方向に逃げてしまうので、和装ブラをした時は普通のブラをするときと同じように脇肉や下に下がった胸をしっかり和装ブラの中に収めるように努力する。(赤い⇒

したがって、和装ブラのホールド力が弱いものは効き目がないので、メーカー選びサイズ選びが重要ですぞ。

肉を移動させる場所の目安は咽のくぼみとバストトップをつないだ三角形の中。(青い点を結んだ△ゾーン)

そして、ここが重要!

2つの胸の山を1つの山になるようにお肉を移動させること。

∀汰ブラで胸の補整後にバランスをみてウエストの補整

バスト周りとウエストの周りの差がある場合は、ウエスト周りにタオルなどを巻いて、バスト周りが「1」としたらウエスト周りは「0.8〜0.9」くらいにしておくと帯を巻いた時にちょうどいいバランスになりますよ。

 

次はお胸スッキリさんの場合

胸のお肉はなくとも、胸をひとつの山にしたほうがいいという考えは同じなので、ホールド間はなくても大丈夫なので、ひとつの山になるようなブラがオススメです。

例えばこんなの。これ、ホールド力はほぼナシ。

たかはしきもの工房さんの「補整くの一」これもオススメ。(記事の下を参照)

したがって、胸スッキリさんは(前述の考えでいけば)状況によりウエスト周りの補整はナシでもいいかと。

 

おしり周りの補整に関してはまた次の記事で!

こちらの記事も参照してね。

 

年齢とともに変化する補整の位置と量


応援よろしくお願いします!  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)

雨の日対策【羽織物編】

雨の日対策【履物編】に続いて今日は羽織物編。雨コートの話。

実は一部式の雨コートを2つ持っているけど、ほとんど着ることありません。ちなみに道行き衿と道中着衿の両方持ってます。これは主に正絹の着物を着た時用です。

そして普段使いは二部式の雨コートを使ってるけど、二部式の上のデザインが好きではないので、ポンチョタイプのもものを併用してます。

これを上だけ着たり、下だけ着たり。

けど、このポンチョ、買った頃SNSにアップしたら「てるてるぼうずのようだ」と揶揄されました。😭

昨日の帰り、かなりの大雨だったのでこの上下を着て帰ったけど、どうしても裾周りだけは濡れてしまう。

まじこれ買おうかと思った。

雨の日対策【履物編】

やっとこの話題。www

何年かぶりに雨の日の対策のについて考えてみたのでまとめておきます。今日は履物編です。

引っ越す前までは駅から徒歩5分ほどだったのでそんなに気にしてなかったけど、今は徒歩15分。先日雨の日をあまく見てたら見事にずぶ濡れ...😭というわけで、ちょっと本気で考えます。

 

そこまで雨がひどくない時はカレンブロッソに「美人のつま先」を装着!(愛用しているためかなり使用感が出てますが...)

これがホント便利で美人のつま先を知ってからはこればっかりです。特にカレンブロッソとの相性が良い。(カレンブロッソはちゃんと雨対策がされてある!)

雨草履を履いていた時、帰りに晴れたりすると雨草履が鬱陶しかったんだけど、美人のつま先は外せるから最強!(笑)ちなみに装着した感じはこんな。

雨の日はソールの厚いタイプのカレンブロッソを履くことが多いです。(少しでも地面から離れたい...。)

 

しかし、近年ありえないくらい雨が降ることも多く、特にうちの近所は山沿いなので夕立も多い。豪雨の時は美人のつま先でも濡れるので、濡れたくない時はもうレインブーツ。とは言っても着物用のものなんて(おそらく)ないので、洋服兼用。

洋服だったら長靴フォルムのものでもいいけど、さすがに着物の時は格好が悪いかと思い、ブーツに見えるタイプが良いと思われます。それがこちら。

別のブーツを履いた時の写真。

2017-02-11-10.29.49.jpg

この時は雪だったので、かなりしっかりと防寒してます。

 

そして濡れても良いと半ばあきらめた時はビーサンでもいっかと思い、こんなのを今年買ってみました。夏の雨の日に着る着物を想定しての色のセレクトです。

これ、ホントのビーサン。しかしビーサンほど薄っぺらくなくヒールも少々あります。まだこれを履いた事はないけど、ずぶ濡れになっても良い時はこれでいいかなとも。

 

そもそも、雨の日に着物を着なくてもいいんじゃない?って話ですが、着物を生業としている以上、雨が降っても雪が降っても台風でも着物を着て行かなくちゃいけないんですよ...(笑)

 

次は雨コートのことについて書きたいと思います。(最近雨コート着てないけど、この前の雨でやっぱり着たほうがいいと思ったから。www)

 

あ、雨対策のことまた書くの忘れました。書く書く詐欺にならぬよう。


応援よろしくお願いします!  
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)

いつも初級コースの座学でお話しているフォーマルとカジュアルのこと

今日は稀に見るまじめな投稿です。(笑)かなりの長文しかも改行少なめなので、読みづらいとおもいますがしばしお付き合いください。

 

先日参加した「全国つくりべの会」では着物を着る立場から一言コメントさせていただきました。

まず、「どんな商品が欲しいのか。」ざっくりした質問でしたが、普段着着物を着ている立場から私もざっくりと「幅広く楽しめるものを」と答えました。今回は博多での開催だったので、主に帯に特化したお話になったのですが、具体的に例を挙げると、簡単に言えば2通り、3通り、4通りと楽しめる帯。分かりやすいのはリバーシブル帯。

やはり洋服に比べて価格が高くなる帯だけど、その分流行を問わずに長く着用できる。ただ、いくら使い回しのきくデザインに優れた帯であっても、さすがに何十年使ってくると多少飽きも出てくると思う。しかし、その帯がリバーシブルで柄が変わったり、巻く方向で色が変わったりすると、単純に4本分楽しめるというわけで。

そんな帯があると2本目の帯を買わないやん。ってことになりそうだけど、きっとそんな魅力的な帯だったら、例えば色違いや柄違いで欲しくなるはず!と思うのです。

2つ目の質問の内容は忘れてしまったけど、お話したことは新しい芽を摘まず、温かい目で見守って欲しいということ。まず、フォーマルとカジュアルで考えかたが変わるんだけど、フォーマルはやはり誰かのために装うものだと思うので、ある程度はルールに則った装いであることが必要だと思う。

しかし、カジュアルの場合はどうかと言うと、先日の読売新聞の取材でも答えたことだけど、記者の方から「着物を着る上でここだけは外しちゃダメってところありますか?」と聞かれ、「衿合わせだけ間違えなければあとは多少どこかがどうなってても大丈夫です。」と答えました。細かいことを言えばキリがないと思ったけど、一言だけ伝えると記者の方から「肩の荷がおりました。」言ってもらえました。

 



結局そういうことなんだと思います。洋服を着てて、知らない人から「あなた、着かたがおかしいわよ。」とか言われないのに、着物を着たとたん知らない人から注意されたりするのはすごく違和感を感じる。(褒めていただくのは大歓迎!)なぜかそう言われる方に限って日ごろ着物を着てない人が多い。(笑)

おそらく日常的に着物を楽しんでいる人はそんなこと言わないと思うんです。きっと温かい目で見守っててくれる。もっと柔らかい方は「そんな着こなしもあるのね。」と褒めてくれる。結局、普段着の着物ってファッションなので、着こなしなんていろいろ楽しんでいいと思う。

今の考え方で着物を着るようになったのって戦後70年の話で、その前にはもっと自由であった時代の方が長い歴史があり、時代に応じて着かたを含めたデザインやスタイルが変わってきたわけなので、おそらく今後も時代の流れに沿って変わっていくものなんだと思う。

スタイリングや着る手順もいろいろ。正統派な着こなしが好きな方、モードっぽい着かたが好きな方がいるだろうし、着物を着る手順に関しても、なるべくさっと簡単に着たい方、時間をかけて着たい方、いろいろだと思う。それも選択肢の一つなので、まず「こんな選択肢があるんですよ。」ってことを伝えるのが着物屋さんや着付け教室の役割だと思ってます。一つの型しか提示しなくて、その型の中に押し込めようとするからおかしなことになるんだよー。

どの場合でも言えることなんだけど、まずは基本の型を知ってそこから自由に着物を楽しんでもらえればと思います。基本を知るとアレンジも怖くない!

 


 

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。
contact-b.jpg

考・襦袢の衿合わせ
襦袢の衿合わせの位置と角度について、分かりやすいように今日はボディちゃんを使って説明。まずは、目印となる位置にシールを貼ってみた。首の付け根の部分と喉の凹みの部分。



顔の形や首の長さ、肩巾の広さによっても少し変わってくるけど、基本的な考え方として参考までに。

この赤い目印が隠れるようにして襦袢の衿を合わせると、きっちりと正統派な清楚な印象に。ただ、喉の凹みの部分(もしくは1cmくらい下)に合わせるのは20〜40代くらいまでだと思ってます。あとは着る人の印象(若く見える)とか、着る着物の種類(かわいい着物が好きとか)にもよるけどね。

年齢が上がると少しずつ下がってくるし、若い方はもっとキュッと凹みの上の方で合わせた方がかわいい。だから逆のことをやっちゃうとなんだか「?」って雰囲気になってくる。

ご年配の方が凹みが隠れるくらいにきっちりと衿を合わせていると、とっても窮屈に見えて、しかも「着物初心者感」が出てしまうし、お子さんが喉の凹みが見えるくらいに衿を合わせていると、おぼこさ(あえてここではこの言葉を使うけど)がなくなって、かわいくない。



私の中での基本の衿合わせ、喉の印が少しだけ見えてます。

2016-02-08-13.15.00.jpg

少し年齢が上の方はこれくらいかな。

2016-02-08-13.30.42.jpg

首の付け根の部分の衿が身体にくっついてないと、ちょっとだらしない印象に。(首の付け根の赤い印が少しだけ見えてます。)



横から見ると衿が浮いているのも気になる。堅い衿芯とか使ってると衿は浮きやすいです。なので私は極薄衿芯をオススメ。(メッシュは柔らかいけど、半衿に通しにくいんですよ...。)



あとは着物の衿合わせの角度、半衿出すのを少なめにすると、着物の衿合わせの位置が上になってしまい、胸の部分の布の量が多くなると胸がでかく見える。(笑)下の2枚の写真の矢印の部分の長さを比較してみてください。



2016-02-08-13.16.06.jpg2016-02-08-13.23.36.jpg

なので、着物の衿合わせの位置を意図的に少し下げて、胸が広く見えないようにしてます。そうなると必然的に半衿がたっぷりと出るわけで。

あと、肩の部分の衿の角度について。衿が立ちすぎず、寝すぎず。衿が立つと首が短く見えて、肩巾が広く見えます。衿が寝すぎると首がろくろ首みたいに長く見えるし、これまた肩巾が広く見える。



角度の目安は耳の下〜アゴのラインから肩の端を結ぶラインくらいの角度に合わせるようにしてます。襦袢の角度はあごのライン。



着物のラインは耳の下ライン。



衿合わせの参考になれば嬉しいです。

応援よろしくお願いします!にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

インスタもやってるよ!Instagram

多奈ゑりきもの教室では随時レッスンを受け付けております。
お問い合わせ・お申し込みはこちらまで。

contact-b.jpg